FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

ふたつのアメリカ史―南部人から見た真実のアメリカ

バーダマン先生の本をやっと読み終えた。途中で図書館の予約本が来てしまって、ずっと中断したままだったので、ものすごく時間がかかってしまった。そういう本が何冊かあるのだが、いい加減時間が経ってしまうと、もういいかと思ってやめてしまうものもある。

さて、バーダマン先生の本については先日も書いたが、これを読んでから映画「ミシシッピ・バーニング」を観ると、なるほど~!と思うことがたくさんあった。些細なことでも、当時の南部の状況に忠実に作られているのがわかる。

実際の事件をもとにして作られた映画で、事件そのものに関しては多少違う点もあるようだが、こんなところまでセリフに入れているのか!と思うところがあって、非常に丁寧に当時の南部を描写していることがわかる。

この本を読むまでは、ジーン・ハックマンいいなあ・・・なんてことしか思っていなくて、もちろん実際の事件を軸にした人種差別の話の理不尽さに憤りを感じてはいたが、それでも、ここまで細かく作られているとは知らなかったので、改めて観て、驚いた次第なのだ。南部好きは読むべし!の本かも。

本を読むのでも、映画を観るのでも、文化や歴史についての知識があるのとないのとでは、見方が大きく変わってくるものだなと。雑学でもなんでも、知識は多いほうがいい。常に好奇心を持って、たくさん勉強しよう!


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『ふたつのアメリカ史―南部人から見た真実のアメリカ』/ジェームス・M・バーダマン (著), James M. Vardaman (原著)
単行本: 230ページ
出版社: 東京書籍; 改訂版版 (2003/10)
ISBN-13: 978-4487799411
ASIN: 4487799414
サイズ (cm): 19 x 13
内容(「BOOK」データベースより)
リンカーンは「悪魔」である。私たちが知らされているアメリカ像とその歴史を信じてはならない―。国家の成立以来、常に異端視され武力によって制圧されてきた、もうひとつの国家=アメリカ南部。そこに生まれた著者が語る、まったく新しいアメリカ全史とは。日本人のこれまでのアメリカ観をひとつひとつ根底から覆す意欲作。日本在住の著者が今こそ問う一冊。
スポンサーサイト



【 2007/01/23/23/38/24 (Tue) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

気配を感じて下さい!

今日は春のような日差しだなとか、風も冷たいけど真冬の風じゃないなと思ったけれど、イコール暖かいとか、もう春が来たとかとは違う。気配ってこと。まだまだ暑いけど、秋の気配を感じるとかいうようなことなのだ。

だから今日も、けして春のように暖かいわけではなくて、明らかに冬ではあるんだけれども何か気配が違うぞということなのね。動物の勘みたいなもの。

かと言って、春の気配はまだ早いんじゃないかと思うし、確かに暖冬だけど、どうも異常な感じがして仕方がない。早く春になればいいなとか、そんな単純なことじゃない。

どんなに暖かくても、冬には冬の太陽の日差しがあって、気配がある。それがすでに春の気配を感じてしまうのは、やはり地球が異常になっている由々しき事態であると重く受けとめるべき事柄だと思う。
【 2007/01/23/22/34/57 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)