FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
011234567891011121314151617181920212223242526272803
月別アーカイブ  【 2007年02月 】 

人生におけるいくつかの過ちと選択

ウォーリー・ラムの『人生におけるいくつかの過ちと選択』を300ページ読んだけれど、この先まだ550ページもある。でも、流れるような文章でテンポも良く面白いので、厚さは全く気にならない。

実は悲惨な話で母親が流産して精神異常になり、父親が女と駆け落ちして離婚。学校でいじめられ、祖母の家に間借りしていた男にレイプされ、自分も精神を病む。過食に走った挙句、体重は130キロ。その後母親はトラックにひかれて死亡。

というわけでとっても暗い話なんだけど、この子どうなってしまうんだろう?と思って、どんどん読み進む。書き方が淡々としているので、全然暗い感じはしないのだけど、本当は重たい話なんだなぁと時々気付く。それにしても、作者の観察眼の鋭いのには驚く。


ところで、今読んでいる本に“ハマグリのフライ”というのが出てくるんだけど、身がいい?貝柱がいい?と聞く場面がある。身はわかるけど、はまぐりの貝柱って・・・?頭の中が???でいっぱい。


この前ライブを観に行ったバンドのギターから連絡があり、近々会ってジャズフェスの話をすることになった。話が決まれば、他のライブの件もあるし、目的を定めて動き始められる。
スポンサーサイト



【 2007/02/02/21/44/26 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)