FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
011234567891011121314151617181920212223242526272803

億光年の宇宙

●宮沢賢治『賢治童話』(550p)

不朽の賢治童話全一冊
賢治童話が不朽なのは、そのシュールな幻想、苦しすぎる現実からの脱皮と思えるこの世ならぬ美しさも、そこに定着して極楽浄土が得られるのではなく、また現実の痛みに戻ることが必ず行われ、不条理な現実を超えるための苦渋にみちた祈りと意志で到達する苦行ににた昇天であるからだ。―白石かずこ



久しぶりに賢治童話を読んでいる。もう何度も読んでいるので、あえて読み終えるつもりもなく、気が向いたら読めるように、いつも手元に置いてある全一冊。賢治の童話は、何時、何度読んでも、常に新鮮な思いにとらわれる。

しかし、「雨ニモマケズ」という一節を知らない人も多く(私だって全部は覚えていないが)、さらには宮沢賢治という名前も知らないという人もいる。これは特に賢治を好んで読むということではなく、学校で教わる事柄のひとつではないのか?と思うし、例え覚えていなくても、聞いたら思い出すくらいはあるかと思ったが、本当に知らないらしい。悲しいことだ。

私も勉強をしたほうではないけれど、今の若者は、もっと勉強してないんだなと愕然とする。ゆとり教育とかで、現在の教科書では教えないことも増えたのだろうが、子どもの脳はいくらでも吸収できるのだから、いろんな事をたくさん教えるべきだと、私は思うけどな。

それこそ人間の脳は、億光年の深さがあると思う。年を取って、覚えたくても覚えられなくなってからでは遅いのだ。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『幻の特装本』/ジョン・ダニング (著), John Dunning (原著), 宮脇 孝雄 (翻訳)
文庫: 598ページ
出版社: 早川書房 (1997/09)
ISBN-13: 978-4151704024
ASIN: 4151704027
サイズ (cm): 15 x 11
内容(「BOOK」データベースより)
警察を辞めて古書店を営むクリフは、元同僚の依頼に愕然とした。存在するはずのない、エドガー・アラン・ポー作『大鴉』の1969年限定版を盗んで逃亡中の女を連れ戻してくれというのだ。その本は限定版専門の出版社の特装本で、見つかれば莫大な価値がある。興味を惹かれ、事件を調べ始めたクリフの前に、やがて過去の連続殺人の影が…。
スポンサーサイト



【 2007/02/12/23/46/37 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

ビーフステーキ

20070212220749
今日の夕食はステーキとサラダでしたが、付け合わせにまだエリンギのバター炒めしか盛り付けてない状態で写真を撮ったので、何とも色気のないこと。(^_^;
【 2007/02/12/22/10/08 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

賢治童話

20070212012205
*…読書中…*

●宮沢賢治『賢治童話』550p

※億光年の宇宙
不朽の賢治童話全一冊

賢治童話が不朽なのは、そのシュールな幻想、苦しすぎる現実からの脱皮と思えるこの世ならぬ美しさも、そこに定着して極楽浄土が得られるのではなく、また現実の痛みに戻ることが必ず行われ、不条理な現実を超えるための苦渋にみちた祈りと意志で到達する苦行ににた昇天であるからだ。―白石かずこ
【 2007/02/12/01/24/27 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)