日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

今日のごはん

20070531230859
今日の夕食は、豚肉と野菜のしょうが焼、ハッシュドポテト、めかぶの酢の物、塩昆布、ワカメと長ネギのお味噌汁でした。
スポンサーサイト
【 2007/05/31/23/08/59 (Thu) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

京都議定書

現在では、先進国132ヶ国が京都議定書を批准している。先進国で京都議定書を批准していない国は、2つしかない。そのうちの1つが米国である。もう1つはオーストラリアだ。―アル・ゴア『不都合な真実』

何を考えているんですかね、ブッシュは!てか、何も考えてないんだな…。
【 2007/05/29/23/39/27 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

不都合なこと

20070528151345
昨夜、アル・ゴアの『不都合な真実』を半分読んだ。かなり大版の本なので寝ながら読めないというのがあって、結局明け方まで読んでしまったが、写真やグラフをたくさん使用してかなり説得力のある内容になっており、その現実から目を離せない。

いつも、この問題に無関心な人が多いのに驚くのだが、そういう人たちのほとんどが、自分には直接関係ない、自分が生きているうちは大丈夫と思っている。だから今現在の恋愛や、今日のテレビ番組の方がはるかに気にかかるわけだ。そして、こんな話は自分には関係のないことだから、興味もないし、退屈極まりないと思っていることだろう。

中には、温暖化は氷河期などと同じように自然現象なのだと今だに思っている呑気な人もいる。そういう人たちは知らないだけなのだ。こんなにも地球が傷つき、悲鳴を上げていることを。または、温暖化によって大気や海水が化学反応を起こし、生物がどんどん絶滅していることを。あるいは、知らないのに知っていると思い込んでいる最悪のパターンもある。

生物として人間だけが特別ではない。地球はそこに住む生物全てに等しく大事な星であり、そうした生命の連鎖によって、人間もまた生かされているわけだから、ある種が絶滅するということは、いつか巡り巡って人間にも絶滅の危機は訪れる。

唯一人間が特別なのは、自ら地球を破壊できることだ。誰かがではない。人間ひとりひとりが皆責任を負っている。地球が壊れていくのは、私の、そしてあなたの責任である。そういうことに気付いて欲しい。

ひとりひとりができることは小さいが、世界中のひとりひとりが何か一つでも行動をしたら、大きな効果があるはずだ。

今、自分には関係ないと思っている人たちは、「手遅れ」となった時、一体どんな思いをするのだろうか?あの時、意識してたった一つでも何かをしておけば良かったと後悔しても、後悔先に立たず。この美しい星は、我慢に我慢を重ねた結果、持ち堪えられずに滅びるのである。
【 2007/05/28/15/13/45 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

醤油ラーメン

20070528140829
今日のお昼は醤油ラーメンです。暑かった昨日とはうって変わって風の冷たい涼しい日なので、温かいものが食べたかった。
【 2007/05/28/14/08/30 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

ライブの目的

私がライブをやっている大きな目的のひとつは、地球温暖化について人々に訴えたいからなのだが、今までそれをうまく言葉にできなかった。

「私は、地球に対する私の熱い気持ちとその運命に対する深い懸念をみなさんと分かち合うことをめざしている」

これは『不都合な真実』の著者である、元アメリカ副大統領アル・ゴアの言葉だが、これだ!と思った。自分には詳細なデータを集めたり、実際に温暖化を止めることはできないかもしれないが、そうした地球の運命を懸念する気持ちを伝えて、注意を喚起することはできるはず。

カトリーナの被災者に義援金を送るための慈善パーティーをやったり、募金を集めたりした時から、私の気持ちはカトリーナだけにとどまらず、地球を助けなくては!と思っていた。カトリーナ関連のボランティアは、その第一歩だったのだ。

元副大統領のようにはいかないけれど、例え小さな声でも、一人でも多くの誰かにそれを伝えて行くことが、これからライブをやって行く上でも大きな目的のひとつであると断言したいし、この地球の危機的状況に、顔を背けることはできないだろう。絶対に!
【 2007/05/28/03/29/26 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

A New Life

20070528004135
これも昨日、Amazonから届いた本。個人的に一生研究しようと思っている Bernard Malamud の『A New Life』です。Amazonのバーゲンで40%OFFだったので、即買い!
【 2007/05/28/00/41/35 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

The End

20070528003257
昨日、Amazonから届いた Lemony Snicket の『The End』(A Series of Unfortunate Events 13)です。<不幸な出来事>シリーズ完結編。13巻で終わらせるのも、作者スニケットのこだわり。
【 2007/05/28/00/32/58 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

インモラル

20070527232925
*…読書中…*

●ブライアン・フリーマン
『インモラル』640p

※妖しい緑色の瞳、艶のある唇、豊かな胸。その少女の肢体は淫らすぎた―町じゅうの男を虜にしていた17歳の女子高校生レイチェルが忽然と姿を消した。失踪直前、同級生の男を誘惑し、嬉々としていた彼女がなぜそんな不可解な行動を?ダルース警察のストライドは、レイチェルの義父が娘に色目を使っていた事実を知り、義父を逮捕する。やがて法廷で審理が始まるが、そこには悪夢が…。
【 2007/05/27/23/29/25 (Sun) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

アル・ゴアの言葉

20070527225647
かなり前に図書館に予約して、やっと順番が回って来ました。興味を持っている人は多いでしょうが、地球に生きている者として、必読の本だと思います。世界中の人々が、けして他人事ではないのだと自覚するべき事実です。

★☆★☆★☆★☆★

私たちが直面している気候の危機は、ときにはゆっくり起こっているように思えるかもしれない。しかし、実際にはものすごい速さで起こっている。これほど明らかな警告が私たちの指導者たちの耳に届いていないように見受けられるのは、なぜなのだろうか?それを認めた瞬間に、道義的に行動を起こさねばならなくなることを知っているがために、警告を無視するほうが都合がよいから、というだけなのだろうか?そうなのかもしれない。しかし、だからといって、不都合な真実が消え去るわけではない。放っておけば、ますます重大になるのである。―アル・ゴア

★☆★☆★☆★☆★
【 2007/05/27/22/56/47 (Sun) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

今日のごはん

20070527214625
今日の夕食は、カレイのムニエル、コールスロー、イカと野菜のさつま揚げ、白菜のお漬物にご飯でした。
【 2007/05/27/21/46/25 (Sun) 】 moblog | TB(0) | CM(0)