FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

Maggie Sweet

20070624192154
*…読書中…*

●Judith Minthorn Stacy
『Maggie Sweet』

※家事と育児に明け暮れてきたアメリカ南部ノース・カロライナの主婦マギー・スウィートは、ある日街角で、長い間行方不明だった高校時代のボーイフレンドに出くわす。それをきっかけに、マギーは「南部の主婦」の魂の奥深くに触れ、彼女が常にこうありたいと願っていた女性へと…。
【 2007/06/24/19/21/54 (Sun) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

セ・パ交流戦

プロ野球セ・パ交流戦は一応今日で終わるけど、気付いたら横浜4位になってました。へえー!( ̄m ̄;)
【 2007/06/24/15/10/06 (Sun) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

ペペロンチーノ

20070624140821
今日のお昼は、スパゲティ・ペペロンチーノと特製トマトサラダにレモネードでした。唐辛子にニンニク、夏のスタミナです!
【 2007/06/24/14/08/22 (Sun) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

内科の病院へ

今日は定期的に行っている内科の病院に行って来た。行きはタクシーを使ったけれど、帰りは薬局に寄らなくてはならないので、足を引きずりながら歩いて帰って疲れ果てた。

内科の診察で、7月に胆のうの検査をすることになり、ガックリ。今月のライブ前に胃痛が酷かったので、胃かと思ったら、胆のうかも…と言われ、え!という感じ。

ストレスも関係するので、ストレスに効く漢方も出してもらった。病は気から。気合いを入れる元気を出すための漢方というわけ。

ともあれ、まずは早く足を治さないと!
【 2007/06/23/22/29/43 (Sat) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

ソフィアの正餐会

20070622191004
*…読書中…*

●茅田砂胡
『ソフィアの正餐会―クラッシュ・ブレイズ(6)』

※ルウは、心臓を貫かれ肉体を原子段階まで分解され完全に消滅させられた。なのに、ようやく動き出した行き先が「女子校」なのか!?これが、新たな事件の幕開けなのか?
【 2007/06/22/19/10/04 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

今日は夏至

20070622162834
今日は一年の中で昼が最も長く、夜が最も短い日・夏至(the summer solstice)です。写真は長野まゆみの『夏至南風』。

雨なので、あまり実感がわかないかもしれませんが、今日を境に明日からはまた、だんだん日が短くなって行くんですね。

ちなみにトールキンの『指輪物語』で、人間の王アラゴルンと、エルフの姫アルウェンが結婚式を挙げたのが夏至の日でした。
【 2007/06/22/16/28/34 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

ハリー・ポッター第一作目初版本の価格

20070622135201
《ハリー・ポッター》シリーズ第一作目『Harry Potter and the Philosopher's Stone』(UK)の初版本が、競売で177万円の値がついたそうです。

こんなこともあろうかと初版本をせっせと集めていたわけですが、二作目からは初版なのに、残念ながら一作目は初版じゃないのです。

それというのも、一作目の初版はたった500冊しか出版されていないのです。驚異的なベストセラーになった現在、売られているのは一体何版になっていることか。

世界的にブレイクした後の三作目からは、部数を大幅に増やしたので、いくら初版でも、あまり高値は期待できません。

それにしても一作目の初版、欲しいです!儲けのためではなく、大好きだから手に入れたい!もし持っていても、177万円では売りませんね。
【 2007/06/22/13/52/02 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

ゴールデンパイナップル

20070622001713
伊藤園で出したジュース「ゴールデンパイナップル」。これ美味しい!
【 2007/06/22/00/17/14 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

古書店

20070621220031
先日の早稲田探索は、実は食べ歩きばかりではなかった。早稲田には古書店がたくさんあるので、素通りするわけにはいかない。

というわけで、なぜかいつもお宝が見つかる、お気に入りの文英堂書店で、今回もまた見つけてしまった。

『集英社版世界の文学33 マラマッド、ベロー、ボールドウィン』1976年発行 150円

私が研究しているバーナード・マラマッドの翻訳本は、今や滅多になく、図書館でもなかなか借りられない貴重なもの。原書はまだいくらでも買えるが、翻訳はとにかく入手困難。

これには、マラマッドの短篇集『The Magic Barrel』の7篇と、ベローの『その日をつかめ』、ボールドウィンの『ビール・ストリートに口あらば』が収録されている。

他の人には150円の価値もないかもしれないが、私にとっては、ほんとに150円でいいの?と何度も確かめたくなる貴重なお宝。
【 2007/06/21/22/00/32 (Thu) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

人の親切

怪我したりすると、親切な人とそうでない人というのがはっきり分かりますね。若い人より断然高齢者のほうが親切です。高齢者のほうが、それだけ人の痛みを知っているということでしょうか。

昨日は図書館で、足に包帯巻いて、杖ついて、明らかに怪我をしているとわかるのに、それを押し退けてまで、ベビーカーを振り回しながら、我先にエレベーターに乗ろうとする若い父親がいました。

自分の怪我うんぬんでなく、子供の前でそんな振る舞いをするとは、親として恥ずかしくないのかと思いました。こんな親ばかりだから、世の中おかしいんだろうと。

今日は病院のエレベーターで、乗る時も降りる時も、おばあさんが扉を押さえて先に通してくれました。当たり前のような行為ですが、心からありがたかったです。

道を歩いていても、若い人はよけてくれません。運動神経が鈍いのか、とっさの判断もできないような馬鹿なのか…、皆が皆そうだとは言いませんが、呆れるばかりです。

世の中を知りたかったら、一度怪我をしてみるのもいいかもしれません。世間の現実と、人を思いやる気持ちの大切さを知るいい勉強になります。

本当に怪我をすると痛いので、包帯を巻いて松葉杖をついて外に出るだけでも、十分知ることができるでしょう。
【 2007/06/21/19/11/42 (Thu) 】 moblog | TB(0) | CM(0)