FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

今日も図書館

返却と予約本の受け取りがあるので、今日も図書館に行かねばなりません。自分の本が読みたいのに、なかなか図書館と縁が切れなくて、ついつい自分の本は後回しになってしまいます。予約してしまうのが悪いんだけど。(^_^;

図書館で借りられるのはもちろん有難いのですが、アニー・プルーの『アコーディオンの罪』も中断したままだし、アーヴィングやマッカーシーも手元にあるとなれば借りてる場合ではない!と、ライトノベルやロマンスなど、現在予約している、べつに今読まなければならないわけでもない本は、全部キャンセルしてしまいました。

今日までに受け取る本は別として、年末は自分の本に専念したいです。そろそろクリスマス本のシーズンになるし、去年はクリスマス本を1冊しか読めなかったので、今年は早めに読み始めよう!と思ってます。
スポンサーサイト



【 2007/11/03/17/03/00 (Sat) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

コーマック・マッカーシーの本を注文

20071103160800
Amazonに、コーマック・マッカーシーの『血と暴力の国』(原題:『No Country For Old Men』)を注文しました。図書館の予約はキャンセルしました。やはり好きな作家の本は手元に置きたい。

調べてみたら、単行本は出さずに、いきなり文庫になったようです。買うほうは助かるけれど、単行本で出さないというのは、マッカーシー&黒原敏行(翻訳)ファンとしては、ちょっと微妙…。マッカーシーなら、私はどんな本でも買うつもりなんですが。

ちなみに、マッカーシーは純文学の作家ですが、この本はミステリーの要素が濃いようで、アメリカのミステリーの賞を受賞していたりもするため、出版社もミステリー扱いで、ミステリー文庫として出したようです。それも私としてはまた微妙…。

マッカーシーはスペイン語混じりの文章を書くため(この作品では使われていないようですが)、原書ではなかなか読みにくい部分があります。しかし黒原さんの訳が非常にいいため、日本語で読んでも原文の雰囲気は損なわれていないと思います。

というわけで、これもハードカバーとペーパーバックを買ってはあるのですが、黒原さんの翻訳なら、問題なく日本語で読めます。せっかくなので、これも原書と併せて読みたいとは思っていますが。
【 2007/11/03/16/08/00 (Sat) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

本日のブランチ

20071103153500
今日のお昼は、明太子クリームスパゲティでした。バターをたっぷり使ったので、結構こってり。(^_^;

ちなみに、ライブ会場としてたまに使わせてもらう新宿三丁目のどん底では、昔ながらのナポリタンが一番人気のパスタなんですが、明太子クリームスパゲティも隠れた逸品。なかなかその味には近づけません。
【 2007/11/03/15/35/01 (Sat) 】 moblog | TB(0) | CM(0)