FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

ベーコンエッグサンド

今日のお昼は、久々にベーコンエッグサンドにしました。ジューシーなベーコン、プリプリの卵、マヨネーズとケチャップとからしの絶妙なハーモニー!この極めてアメリカ的な食べ物は、正月料理ボケした舌に、殺人的な快感をもたらします。

アメリカの食べ物は美味しくない、いや不味いと言いますが、マヨネーズとケチャップとからし(あるいはマスタード)の海に浸った食べ物こそ、世界に誇れるアメリカ料理のベストと言えると私は思います。少なくとも、味覚のおかしくなった日本人の食べる砂糖の入った梅干しやキムチなどよりは、はるかによろしいのではないかと。
スポンサーサイト



【 2008/01/08/14/47/41 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

エレンディラ

エレンディラ (ちくま文庫)エレンディラ (ちくま文庫)
(1988/12)
ガブリエル ガルシア・マルケス、G. ガルシア・マルケス 他

商品詳細を見る

ガルシア・マルケスの『族長の秋』を読書中だが、これは新潮社のマルケスの全集の中の一冊。表題作の「族長の秋」の他に、6篇が入っている。その中に、私の大好きな「エレンディラ」もある。

「無垢なエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語」というのが正確なタイトルだが、これまでに文庫で出版された時は、単に「エレンディラ」だけになっていた。個人的には、正確なタイトルのほうが好きだし、マルケスもそういう長ったらしいタイトルのほうが良いと思っていたに違いない。

なぜこれが好きかと言うと、実は今ではその理由がわからなくなっているのだが、最初に読んだ当時はとても衝撃的で、こんなほら話を書いていいのかと思った記憶がある。

現在は、マルケスの他の作品も含めて、さらなるほら話も知っているので、エレンディラが特に衝撃的とは思わなくなっているのだろう。それでも読み返してみると、やはり面白いと思う。詳細はほとんど忘れていたから、結末はこんなだったかと、改めて新鮮に感じた。
【 2008/01/08/05/02/41 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)