FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

佐賀のがばいばあちゃん

佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)
(2004/01)
島田 洋七

商品詳細を見る

*…読書中…*

●島田洋七
『佐賀のがばいばあちゃん』

※昭和33年、広島から佐賀の田舎に預けられた8歳の昭広。そこでは厳しい戦後を7人の子供を抱えて生き抜いたがばい(すごい)祖母との貧乏生活が待っていた。しかし家にはいつも笑いが溢れ…。
スポンサーサイト



【 2008/01/14/23/20/22 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

エネルギー

高熱のために、頬は燃えるようだし、吐息はドラゴンの息のように熱い。なのに手足は冷え切り、骨の髄まで凍えている。扁桃腺が腫れて物が食べられないため、体の芯が暖まらない。しかし、かなりの我慢をしてお粥を食べる。直ぐにブドウ糖になるように炭水化物だ。すると、ガタガタと震えていた体の中心に、ポッと火が点る。これがエネルギーなんだ!生きるために、そしてウィルスと闘うために必要なエネルギーなんだな。…なんて、変な時に変な感動をしてどうする!
【 2008/01/14/01/18/57 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)