FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

今日のごはん

20080421224452
今日の夕食は、サンマの開き、なめこおろし、マカロニサラダ、煮物、白菜のお漬け物でした。なかなかご飯が減らせません。(^_^;
スポンサーサイト



【 2008/04/21/22/44/53 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

Happy Birthday

今日は、エリザベス女王の誕生日。82歳*.♪。★*・゜・*♪

★Happy Birthday★

ちなみにエリザベス女王は、ネスカフェを飲んでいるらしい。うちと一緒ですな。( ̄▽ ̄;)
【 2008/04/21/15/30/32 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女夜は短し歩けよ乙女
(2006/11/29)
森見 登美彦

商品詳細を見る

図書館に、森見登美彦の『SWEET BLUE AGE』と『夜は短し歩けよ乙女』を予約したんだけど、ちょっと待て…『SWEET BLUE AGE』はアンソロジーで、森見登美彦の収録作品は『夜は短し歩けよ乙女』だ。ということは、単体の『夜は短し歩けよ乙女』は借りなくてもいい?

しかし調べてみたら、『夜は短し歩けよ乙女』は301ページ、『SWEET BLUE AGE』は374ページ。もちろん文字の大きさや組み方も違うだろうけど、『SWEET BLUE AGE』は少なくとも5、6人の作家の作品が入っているわけだし…でも、丸ごと入っているのかな?うーむ。(-_-;

森見ファンはたくさんいるでしょうし、全部読んでいる人、あるいは全部買っているという素晴らしく偉い人もいるでしょうから、そこのところ、どなたか教えてくださると嬉しいな♪…とか。
【 2008/04/21/13/53/07 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

おはよー!

20080421051111
皆さん、おはようございます。夜が明けて来ました。あ、青い車がいますね!とりあえず撮っときましょう。

さて、これから寝ます!
【 2008/04/21/05/11/12 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女夜は短し歩けよ乙女
(2006/11/29)
森見 登美彦

商品詳細を見る

森見登美彦の作品が気に入ったので、図書館に7冊も予約してしまった。

『夜は短し歩けよ乙女』
『四畳半神話体系』
『太陽の塔』
『有頂天家族』
『きつねのはなし』
『新釈:走れメロス』
『SWEET BLUE AGE』(アンソロジー)

森見氏のブログも面白い。
http://d.hatena.ne.jp/Tomio/
【 2008/04/21/04/17/51 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

帝大気質

新潮社の「yom yom vol.6」に掲載された、森見登美彦の「或る失恋の記録」がとても面白かった。ちょっと万城目学に雰囲気が似ているなと思ったら、二人共京都大学だった。

学生時代に同じ環境にあったとすれば、似ているのも頷ける。そして二人共、青春小説と呼ばれるようなものを書いているのだから、舞台も必然的に同じになるわけだ。さらに、二人共京都弁は使わずに標準語で書いており、標準語で書く京都の物語というシチュエーションもまた一緒なのだ。

彼らには他にも共通しているところがある。やや時代遅れのバンカラな帝大気質というようなところだ。森見氏のほうが、それが顕著であるような気がして、個人的には森見氏のほうが好きだ。

森見氏の感覚が、同じく帝大出身の父と似ているような気がして、父ならきっとこんな風に言うだろうなと思え、とても身近に感じられる。帝大という言い方も古いが、そうとしか言えない気質。現代の男子にはなかなか見られない気質に、私は今でも憧れている。
【 2008/04/21/04/16/39 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

SWEET BLUE AGE

Sweet Blue AgeSweet Blue Age
(2006/02/21)
有川 浩、角田 光代 他

商品詳細を見る

青いものシリーズ

『Sweet Blue Age』
/森見登美彦、有川浩ほかの青春小説アンソロジー
【 2008/04/21/02/33/53 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)