FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108
月別アーカイブ  【 2008年07月 】 

ハリポタ読了

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
(2008/07/23)
J. K. ローリング

商品詳細を見る

今日は二度目の『ハリー・ポッターと死の秘宝』を読み終えて感動し、コアリズムのラテンダンスに疲れ果て、無理矢理ではありますが、一応は身も心も充実しているという状態でしょうか…。

さてハリポタ最終巻は、原書では読み取れなかった細部を改めて理解し、ああそうだったのか!と一気に涙しました。特に「あの人」が死ぬ場面の最後の言葉…。ちなみに「例のあの人」ではありません。表に出さない深い愛というのは、全くもって感動です。涙なくしては読めません。

ハリポタなど、くだらない子ども騙しのファンタジーだと思っている方、もったいないですね。映画で観ればいいという方、楽しみを半減させてますね。最後だけ読めばいいという方、伏線が多くてたぶん全部理解するのは不可能でしょう。

何も私がポッタリアンだからというわけではありませんが、ハリポタは、そこらの現代小説の大半より、はるかに面白く、感動させてくれる物語だと思います。でなければ、原書の1巻目が出てから11年もの長い間、世界中の人々を興奮させてはいられないでしょう。

私はもう一度、全部読み直そうかなと思っています。結末を知った上で読むと、7作の間にどんなに見事な伏線が張られていたか、改めて驚くだろうと思います。
スポンサーサイト



【 2008/07/29/18/45/03 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)