FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

歌練習中

体調がどうも思わしくない中、歌練習もジャズフェスに向けてラストスパートです。だるい体を引きずりながら、ボックスまで来ました。とにかく頑張ります!

実は気持ち悪い…。
スポンサーサイト



【 2008/11/11/16/57/21 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

地球の鉱物

デアゴスティーニの地球の鉱物、22号と23号が届きました。20号では新しいコレクションボックスも届きました。しかし、21号までは整理してありますが、今回は開けてる暇がない。
【 2008/11/11/13/34/40 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

おはヨン様!

20081111121853

おはヨン様!
今日もどんより寒いですね。
熱いしょうが湯でも…( ^^)_旦~~
【 2008/11/11/12/18/55 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

また会う日まで(下)

また会う日まで 下また会う日まで 下
(2007/10/30)
ジョン・アーヴィング

商品詳細を見る

*…読書中…*

●ジョン・アーヴィング
『また会う日まで(下)』

※小学生時代から、女役もこなす男の子として演劇の才能を発揮したジャックは、アメリカに渡り、女ったらしの二枚目俳優となる。ジャック5歳のとき12歳だった親友のエマは、長じて人気作家に。二人はおさわりしあうだけの清い関係のまま、ロサンゼルスでともに暮らしはじめる。やがて手にするハリウッドでの栄光と、それでも満たされない心。腕のいい刺青師としてならした母亡きあと、ジャックはふたたび、不在の父を探す旅に出る。三十年ぶりに再会した北の街の刺青師、音楽家、娼婦たち…。そしてジャックがついに知ることになる愛は、思いもよらないかたちをしていた―。アーヴィングが完成後、「ようやくすべてを書くことができた」と語った畢生の自伝的大作。感動のフィナーレ!
【 2008/11/11/01/10/53 (Tue) 】 moblog | TB(0) | CM(0)