FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

赤毛のアンの嫌いなところ

「時々レスリーの目に、敵意と嫌悪が浮かんでいることがあるので、びっくりしてしまうんです……わたし、人に嫌われることがめったになくて―それに、レスリーの友情を勝ちとろうと思って、こんなに努力してきたのに」―『アンの夢の家』

赤毛のアンのこういう押し付けがましいところが、私は嫌いです。世の中には根っから合わない人もいるし、こういう言い方だと、努力は自分が好かれたいがためのものであって、相手のことを考えてのものではないような感じがしてしまいます。

まあ、いずれ「相呼ぶ魂」になるのでしょうけどね。ともあれ、この一節だけをとると、自己中心的なお節介焼きにしか見えません。だいたいにおいて、紙一重ではありますが…。
スポンサーサイト



【 2009/05/15/18/16/37 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

オーラが見えない人

エマさんの話の続き。

昨日は私の他にもう一人シンガーがいたんですが、エマさんはくるりと背中を向けてしまいました。こっそり言うには、彼女は気が強すぎてオーラが見えない、見るのがとても怖い人だと。

私はそういう話を真に受けるほうじゃありませんが、なるほどな…と思うところも。ミュージシャン、特にシンガーは気がめちゃくちゃ強いくらいでないとやれない。私は弱すぎると言われているくらいです。

でも、気が弱くても、バックに守ってくれる人がいて、きれいなオーラに包まれているほうがきっと人間的には幸せだよねと解釈し、私は私らしく我が道を行くでいいと思っています。

たとえ下手くそな歌だとしても、来て下さったお客様に、きれいなオーラを分けてあげられる方がいいなと思います。
【 2009/05/15/17/14/04 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

あらゆる色のオーラ

昨日、クマさんのいる店で、ニューハーフのエマさんという人に会いました。その人が、いわゆる見える人で、あなたの後ろにおじさんがいる…って、ええっ!ですよ。

でも、心配して守ってくれているのだと言うので、だったら先日亡くなった学さんか、あるいは父かもしれないと思い、安心しました。

ライブにも来るって言ってますよ…って、マジですか?みたいな…。でも、学さんや父の魂が来ても来なくても、全力を尽くしますよ。

エマさんが言うには、私はあらゆる色のオーラに包まれているそうな。だから大丈夫だと。何が大丈夫なのか分かりませんが、あらゆる色って素敵じゃないですか。

その下に銀色のオーラがあって、それがそのおじさんが守ってくれているシールドらしいです。学さんかもしれないし、父かもしれないけれど、誰かが守ってくれているんですね。ありがたいことです。
【 2009/05/15/16/26/49 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)