FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

映画とドキュメンタリー

サハラ~死の砂漠を脱出せよ [DVD]サハラ~死の砂漠を脱出せよ [DVD]
(2006/06/23)
マシュー・マコノヒーペネロペ・クルス

商品詳細を見る

夕食を食べながら、CATVで映画「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」を見始めました。これはクライブ・カッスラーの原作を読んで面白かったので、公開時に劇場まで観に行きましたが、映画は全然面白くなかった。というのも、主演のマシュー・マコノヒーが、主人公のイメージに全然合わなかったのです。

カッスラーの原作はかなり長いシリーズで、ファンには絶大な人気のある主人公ですから、当たれば何作でも作れたでしょうが、期待の第一作目でがっかりさせられ、頼むから二作目は作らないで欲しいと願ったくらい。案の定、二作目はありませんでした。

マシュー・マコノヒーは、セクシー男優第一位かもしれないけど、絶対にヒーローの器じゃないって!呆れちゃうくらい合ってませんでしたから。期待して何作か買っておいた原作も、映画にがっかりしたため、読まずにブックオフに売ってしまいました。この映画は、原作のイメージまで下げてしまいましたね。

というわけで、またテレビで観てみようとは思ったものの、駄作はいくら観ても駄作で、やっぱりつまらないんですよ。

結局ヒストリーチャンネルの同時多発テロの、ナレーションも何もないドキュメンタリー映像を観ていました。そう、今日は9.11なんですよね。くだらない映画の後の実際の映像は、リアルなだけに相当な迫力を感じます。その一方で、とても事実とは信じがたい映像でもあります。事実は小説より奇なり…まさにその通りの映像です。

現場にいた人の中には、戦争しろ!今すぐ報復しろ!皆殺しにしろ!あんな国は抹消しろ!と叫ぶ人たちもいるし、邪魔なビルがなくなってせいせいしたよ!と言う人もいて、第三者として見ていても驚くばかりです。

しかし映像の中で、「Oh My God!」という言葉を何回聞いたことでしょう。神様、神様、神様…。彼らのGodは、自らの手でこのような悲劇を起こしているのでしょうか?おおもとを考えれば、人間たちが争っているのは、神様、あなたをめぐる争いではないのか?

どれほど神の名を唱えようとも、憎しみによる争いをやめないうちは、神は愚かな人間を殺していくでしょうね。基本的に無宗教である日本人には、理解し難い争いでもあります。

ただひとつ分かるのは、神はけして思いやり深く優しいものではないということです。人間はまだまだ愚かだから、優しくすればつけあがり…という状態なのでしょう。そんな人間に、神は厳しく接しざるを得ないのかもしれません。
スポンサーサイト



【 2009/09/11/22/30/57 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

気持ちを新たに

10月のライブは、友人のニューオーリンズのドラマーを迎えてのライブの予定でしたが、彼女のビザの書類の問題で、暗礁に乗り上げていました。

来れないと決まったわけではないけれど、来れる確信もない。彼女も、もちろん来るつもりで航空券を購入し、日程を知らせて来たわけですが、どこの国でもお役所仕事は…。

しかし、場所もメンバーも決まっているのに、どうするべきか?とりあえず、こちらで作るチラシはストップしてもらっていたのですが、ライブをする店側のスケジュールまでは待ってもらうことは不可能でした。店がお客様に配るスケジュール表はすでに印刷に入っているので、キャンセルはできません。

そうなると、これは後戻りできない。前に進めるしかありません。こちらのチラシ作成の方も、もう始めないと間に合わなくなるし…。というわけで、また辛い決断をしました。

アメリカでの問題がクリアになるまで待ちたいけれど、物理的に待つのは不可能な時期になっているので、メンバーを替えて進めるしかありません。こういう決断をしなければならなくなるのではないかと薄々思いつつ、いつ決断をするかが、最大の悩みだったのです。

いろいろ考えた末、“Southern Night”というタイトルはそのままに、ドラマーを達郎君に替え(元々SOUTHBANDのメンバーだし、いきさつも熟知しているので、全くNo Problem!)、さらにより南部らしくするために、ハーモニカのチャーリーさんに出演依頼をしたところ、心よく承諾してくれたので、何とかいい形になりそうです。

決まっていたメンバー達も温かい反応を示してくれたので、一切の責任を担うリーダーとしても、とりあえずホッとしました。

ニューオーリンズの友人と一緒に演奏できないことは非常に残念ですが、これをきっかけに、いいスタイルの演奏が出来上がれば、それはそれでまた素晴らしいことだし、ハーモニカのチャーリーさんには一度お願いしたいと思っていた矢先なので、いい機会になりました。

ともあれ、気持ちも新たに、前向きに進んで行くしかないのです。チャーリーさん以外のメンバーは9月から一緒にやりますから、10月にはさらに進化していることでしょう。いいメンバーです!

…と、書きながらだんだん気持ちが明るくなって来ました。店には信用をなくしたかもしれませんが、いい演奏をすれば挽回もできるし、まだチラシ制作をしていなかったことが救いでした。

というわけで、風邪引きにも関わらず、全然寝ていられない1日でした。早めに病院に行って、薬を貰っておいて良かった!早く体調を整えて、しっかり練習して、とりあえず9/24、スモーキンブギのライブで全力を尽くし、10月に繋げたいと思います。

そしてさらに、それを糧にして、11月のジャズフェスティバルに臨みたいと…。
【 2009/09/11/03/00/28 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)