FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

オリバンダーさん

Harry Potter and the Philosopher's StoneHarry Potter and the Philosopher's Stone
(2000/02)
J. K. Rowling

商品詳細を見る

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)ハリー・ポッターと賢者の石 (1)
(1999/12)
J.K. ローリング

商品詳細を見る

ハリー・ポッターと賢者の石(1枚組) [DVD]ハリー・ポッターと賢者の石(1枚組) [DVD]
(2009/06/24)
ダニエル・ラドクリフルパート・グリント

商品詳細を見る

ハリー・ポッターと賢者の石 アルティメット・コレクターズ・エディション [Blu-ray]ハリー・ポッターと賢者の石 アルティメット・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2009/12/02)
ダニエル・ラドクリフエマ・ワトソン

商品詳細を見る

昨日新宿三丁目のありがとうで、ハリー・ポッターの不死鳥の尾羽が入った、ヴォルデモート卿の杖と対をなす魔法の杖を作ったオリバンダーさんに会いました。

正確には、映画「ハリー・ポッターと賢者の石」で、杖作りのオリバンダー老人の声を吹き替えた小林勝也さんに、ですが。

私は自他共に認めるポッタリアンですから、オリバンダーさんを演じた本人ではなくとも、その声をやったというだけでも感激です。

小林さん自体はハリー・ポッターには全然興味がないらしいのですが、無理を言って「不死鳥の尾羽」と囁いてもらいました。キャー!

まことにミーハーなポッタリアンです。爆!

オリバンダー
小林勝也
スポンサーサイト



【 2009/09/25/18/19/18 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

南部の魂

アメリカ南部の音楽は一見明るい音楽が多いです。なぜなら、南部の音楽を生み出した奴隷達が心底辛くて苦しい時に、マイナーな音楽では救われないからです。

辛い、苦しいと言えるうちはまだどん底ではないのだと思います。どうにも救われない毎日をせめて音楽くらいは明るい音楽をということなんだろうなと。

そういう心情が、分かった気がします。悲しい曲は、誰でも悲しく歌えますが、苦しい気持ちを明るい曲で表現する複雑さは、実際に経験して初めて表現できることなのだと。

一見明るい曲だけれども、単にノーテンキに明るいわけではなく、その背景には、そこはかとない哀感が秘められているのです。それを表現するのは本当に難しいけれども、大人になって、いろんなことがあって、それでも生きていかなきゃ、頑張らなきゃならないんだと知った時、明るい南部の曲の意味が本当に分かってくるのです。

南部の曲は、深くて難しい。だからこそやりたいと思うのです。
【 2009/09/25/17/55/28 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

SOUTHBANDライブ

昨日の演奏は最高でした。悪条件の中、何とか頑張ろうと、様々な思いをシャットアウトして歌に没頭し、やり遂げたことは、ひとつ大きくなれたような気がします。そしてそれを見事にサポートしてくれたメンバーとも、しっかり一体化した感じがありました。

それだけのステージができたことを誇りに思い、それを可能にしてくれたメンバーにも感謝し、また次回10月、さらに精度を上げて臨みたいと思います。

そして今回もまた片隅で見守ってくれていた、いや今回は率先して盛り上げてくれたダーには、心からの感謝を捧げます。

さらに、クールダウンの場として、明け方まで私の涙に付き合ってくれたDawnのマスターにも感謝を。そこで、理解していると思っていたトム・ウェイツの歌が初めて本心から理解できたと思いました。

最後に、また来い!と言ってくれたスモーキンブギの店長にも感謝します。
【 2009/09/25/17/16/27 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)