FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007
月別アーカイブ  【 2010年06月 】 

埒のあかないことで眠れない夜


柴田元幸訳、ジャック・ロンドン『火を熾す』の中の一篇「一枚のステーキ」を読んでいて、冒頭に何だこれは?と思う部分があって、すっかり考え込んでしまった。

「パンの最後のひとかけらでトム・キングは皿から小麦ソースの最後のひとしずくを拭きとり、その一口をゆっくり、考え深げに噛んだ。…」

という何の変哲もない一節だが、はてさて「小麦ソース」とは何ぞや?

舞台はオーストラリアだから、食生活はほぼアメリカと同じようなものと思うが、だとしたら「小麦ソース」とはグレイビーソースのことではないのか?

しかし、もう若くはない落ちぶれたボクサーが、たった一枚のステーキさえも食べられずに力尽き、若さ溢れる相手に負けてしまう話だから、グレイビーを作る肉汁があるはずもない。

それに、柴田さんともあろう翻訳者が、グレイビーソースを知らないわけもなく、敢えて「小麦ソース」と訳したのには何かワケがあるのだろう。

あるいは、私の知らない小麦を使ったソースがあるのかも…というのは大いにあり得ることだが、文章中にソースをかけたはずの料理の描写は出てこないので、それを推測することはできない。

あまりにも貧しいので、メインディッシュはソースのみということも考えられる。だとしたら、正真正銘小麦だけのソースなのか…。

などなど、原文がないことにはどうにも埒があかないことを考え込み、気になって眠れなくなっているという…。

例えば、ニューオーリンズのレッドビーンズ&ライスを「あずきご飯」と訳すような、そんな身も蓋もない訳を柴田さんがするとは思えないので、たかが「小麦ソース」ごときの話なのだが、どうにも気になって仕方がない。
スポンサーサイト



【 2010/06/06/03/40/21 (Sun) 】 moblog | TB(0) | CM(2)