FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

暗めにカラーリング

 
明後日のお通夜と
後日の法事のために
 
髪を暗めに
染めなきゃならない
 
結ぶにしても
やっぱり染めなきゃ
 
金髪のような
明るい茶色では
さすがにね
 
これからお風呂
ついでに染めます
 
スポンサーサイト



【 2014/10/27/23/09/05 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

準備でバタバタ

      
 
 
 
明日マユミさんが
泊まる準備に
 
明後日の鎌倉での
お通夜の準備などなど
 
なんかバタバタで
落ち着かない
 
明日は昼間のうちに
銀行に行ったり
買い物したりしてから
 
夜遅くに待合わせで
やっぱりバタバタ
 
 
11/2はライブ
 
11/8は坂道の会が
ある予定だし
 
11/9は
義父の三回忌
 
その日は実は
結婚記念日
でもあるんだけど
 
 
ジャズフェス前
バタバタしすぎです
 
インストでやってた
ニューオーリンズの曲
Big Chiefに歌を
入れる作業があるのに
 
集中して
練習できる状況
ではないなぁ
 
【 2014/10/27/22/42/21 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

木枯らし1号

              
 
今日の昼間は
結構暑くて半袖に
カーディガンで
十分だったんだけど
 
夜になって
北風が強くなり
急に冷えて来ました
 
 
木枯らし1号
だそうな
 
この前の台風より
強い風ですよ
 
しかし
 
昼間汗かいたから
急に冷えて
くしゃみは出るし
喉は痛くなるし
 
 
皆さんも
注意して下さいね
 
              
【 2014/10/27/21/10/07 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

今日のごはん

 
 
 
 
 
ハンバーグと
タラモサラダの
ワンプレート
 
 
デザートに
クリーム白玉ぜんざい
を食べました
 
【 2014/10/27/20/51/09 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

これから病院

 
       
 
今日はこれから
病院に行って来ます
 
天気もだし
体調良くないし
出たくないんだけど
 
って
 
具合悪いから
病院行くんだよ
普通はね
 
 
【 2014/10/27/15/20/10 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

おはよう

 
 
PC作業で徹夜
あとはライブ後記
を残すだけ
 
いつ書こう
 
まだマユミさんが
日本にいるし
明日は泊まりに
来るから
 
なんか
落ち着かなくて
ライブ終わった感が
ないのよね
 
どうでもいいけど
公式ブログには
書かなきゃ
 
 
今日は病院です
 
お天気良くないけど
午後は26度まで
気温上がるらしい
 
 
何を着ればいいか
分からないよ
 
【 2014/10/27/07/02/13 (Mon) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

コーヒーブルース

Coffee bluesCoffee blues
(2012/01/19)
小路 幸也

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容(「BOOK」データベースより)
1991年、北千住の洋館を改装した「弓島珈琲」。店主の僕(弓島大)はかつて、恋人の死に関する事件に巻き込まれた。その時関わった刑事の三栖は、今では店の常連だ。近所の小学生の少女から、いなくなった姉を探してほしいと頼まれた僕。少女の両親は入院と言い張り、三栖も何かを知るようだが、事件性がないと動けない。そんな折り、麻薬絡みで僕の恋人を死に追いやった人物が出所。事態は錯綜するが、店の営業も中学生の少女探しも続けなくてはならない…。紫煙とコーヒーの薫りが漂う“弓島珈琲”。中学生の少女捜しが一転、麻薬絡みの騒動へ。
【 2014/10/27/05/16/34 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)

モーニング

モーニング Mourningモーニング Mourning
(2008/03/19)
小路 幸也

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容(「BOOK」データベースより)
大学時代の親友である河東真吾の訃報に接した私。葬儀のため福岡に集まったのは、同じ大学でバンドを組み、四年間一つ屋根の下で共同生活を送った淳平、ヒトシ、ワリョウ。葬儀を終え、それぞれの家へ、仕事へ戻ろうとしたとき、今は俳優となった淳平が言った。「この車で一人で帰って、自殺する」。何故?しかもこんなタイミングで?思いとどまらせるために、私たちは明日の仕事を放り投げ、レンタカーで一緒に東京まで向かう決意をする。「自殺の理由を思い出してくれたら、やめる」。淳平のその言葉に、二十数年前のあの日々へと遡行するロングドライブが始まった。それは同時に、懐しい思い出話だけでは終わらない、鍵をかけ心の奥底に沈めた出来事をも浮上させることになっていくが…。
【 2014/10/27/05/05/13 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)