FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

一億人の英文法(FB)




『一億人の英文法』という本を買いました。

英文の原書なども読んではいるものの、どうも今いち文法を理解していないところが多々ある。さらに時と共に忘れた事も多数。

青山南先生の米文学の授業の時は、青山先生のファンということからも、心血を注いで勉強し、分からないところは分からないなりに、それなりに洋書を読んでいたものでしたが、最近あまり読まなくなっていたら、時にちんぷんかんぷんになっている現状を憂え、ちょっと真剣に勉強し直そうかと、久しぶりに英語の参考書を購入した次第。

学生から社会人まで、すべての日本人に贈る「話すため」の英文法というキャッチフレーズのこの本、学生時代に勉強していた文法書とはだいぶ趣きが違うようで、一言で言えば形式ばっていないというか、英語に対するアプローチが違うというか、読んだ人曰く、目からウロコなんだそう。

682ページの分厚い本だけど、高校生なら10日以内に読破しなさい!とあります。じゃ、社会人なら何日?と思わず訊いてみたくなりますが、文法はなるべく短期間に終わらせる必要があるとのこと。とにかく勢いが必要らしい。とりあえずは高校生でも社会人でも、10日以内に読むのが望ましいという事なんでしょうね。

しかし、うーん、無理じゃね?とはなから挫折しそうになっていたら、最後に「大丈夫だよ、カンタンだから」と書いてあるのです。

その一言で、あ、そーなんだ!と単純に思ってしまう私もかなりおめでたいけれど、そう思わせる筆者も上手いな。

というわけで、勢いをつけて10日を目標に頑張って読みたいと思います。とにかく1回読破する。それで全部覚えられるとは思えないから、覚えるまでまた何度でも繰り返して読めばいい。

それから、ついでに単語の本も購入。ある程度文法が頭に入ったら、語彙を増やしたい。単語集はこれまでに何冊も買っているけれど、どうもやさしすぎる。全部覚えているわけでもないので、やさしいというと語弊があるけれど、なんだかいつも同じような単語ばかりで、ちっとも進歩しない感じ。

そこで今回のは大人の単語集というか、社会や政治に関する語彙が多い単語集を買ってみた。海外のニュースや記事などをサクッと読みたいのでね。

鉄は熱いうちに打て!と言いますから、やる気になった時に、勢いつけてやりましょうと思っております。
スポンサーサイト



【 2019/11/24/07/04/10 (Sun) 】 moblog | TB(0) | CM(0)

11/23のツイートまとめ

schazzie

耳猫かふぇ通信 : 降れば土砂降りhttps://t.co/pCvs4Vb2mY
11-23 23:04

【 2019/11/24/04/12/48 (Sun) 】 Twitter | TB(0) | CM(0)

山形の芋煮(FB)



昨日、牛肉と里芋があったので、生まれて初めて山形名物の芋煮を作りました。
しかし生まれてこの方、山形の本場の芋煮を食べたことがない。もっと言えば、本場だろうが本場でなかろうが、芋煮というものを食べたことがないのです。
山形の食べ物はだいたい美味しいので(ある人によれば、日本で一番、食のレベルが高い地域だそうです)、芋煮だってかなり美味しいに違いないと想像をしていたものの、味の基本が分からない。
そもそも芋煮とは煮物の部類なのだろうか、はたまた豚汁みたいな汁物の部類なのだろうか、あるいは、芋煮鍋とも言うくらいなのだから鍋の部類なのだろうか?と悩むことしばし。
そうしたジャンル分けによっては、味つけの濃さなんかも違うでしょ?と思ったりしながら、ネットでレシピを色々見てみました。
結果分かったのは、どのレシピも砂糖を使っているので、ある程度は甘い味付けなのだということくらい。
悩んでいてもご飯はできないから、とにかく作ってみましょと行き当たりばったりに作った芋煮。主人は2回もおかわりしていましたが、私はやっぱり牛肉は好きじゃないわという感想。
それでも翌日の今日は味がしみて美味しいと思ったので、牛肉と里芋を使った料理としては成功したのだと思うけれど、やっぱり山形県民が
ソウルフードとする本場の芋煮ってどんな味なんだろうと、頭を悩ませているのです。
もう、芋煮と玉こんにゃくを食べに、山形に行くしかないでしょ。
※写真はイメージです。
【 2019/11/24/00/08/09 (Sun) 】 moblog | TB(0) | CM(0)