FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

映画三昧

今週は毎日、テレビ東京の「午後のロードショー」で、グレゴリー・ペックの作品をやっているので、嬉しい。早いもので、没後3周年だそうだ。ペック特集は、3回忌の法事のようなものなのか。(^^;

グレゴリー・ペックの映画はだいたいは観ていると思うのだが、まだ観ていないのもあるし、何度観てもいいものもある。

・月曜日─「マッケンナの黄金」
・火曜日─「マッカーサー」
・水曜日─「子鹿物語」
・木曜日─「アラバマ物語」

「アラバマ物語」は三大好きな映画のうちの1本だし、「マッカーサー」は、個人的にツボ。グレゴリー・ペックみたいな俳優は、もう二度と出てこないだろうなあ・・・。

ところで、先日図書館で借りたビデオ 「コヨーテ・アグリー」 を観た(リンクはDVD)。特に期待もしていなかったのだが、すごく面白かった。出てくる女性が皆すっごくカッコいい!私は男性のほうが絶対的に好きだけど、この映画は女性がドライで明るくて決まってていいよ~!田舎からNYに出てきた女の子が夢に向かって頑張るというありがちな話だけど、前向きに生きてる主人公にも共感できるし、父親や友達の愛にも感動。私も頑張ろう!という気になる。<単純すぎ!

女性でカッコいい!と思ったのは、 「クイック&デッド」 のシャロン・ストーンくらいしかいないから、この映画はとってもお気に入りになってしまった!皆セクシーなんだけどエロくなくて、とにかくカッコいいお姉さんばかり。いいなあ~!(≧▽≦)

この後、またシュワちゃんの「T2」を観た。これも毎回馬鹿にされるんだけど、最後で必ず泣いちゃうんだよね。シュワちゃん、カッコいい~!私は内容的にどうこうというより、とにかく男も女もカッコいい映画がいい。ああいう風になりたい!と思って頑張れるから。ちなみにシュワちゃんの場合は、筋肉に憧れてるわけではなく、ああいう強い人間になりたいという見本のようなもの。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『インディアナ、インディアナ』/レアード・ハント (著), 柴田 元幸 (翻訳)
単行本: 233 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 朝日新聞社 ; ISBN: 4022501871 ; (2006/05/03)

出版社 / 著者からの内容紹介
アメリカ文学最大の人気翻訳家・柴田元幸氏が「これだ」と惚れ込み、ポール・オースター氏が「ずば抜けた才能」と絶賛した本邦初翻訳小説。年老いて病んだひとりの男の人生の、深い喪失感と淡いユーモアがかぎりなく美しい小説。
関連記事
スポンサーサイト



【 2006/06/28/23/59/20 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL