FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

これも迷惑メール

現在進行中の「マラマッド・プロジェクト」。しかし、マラマッドの 『The Complete Stories』 は、分厚いし、字も小さいので、そのままじっくり読むには辛い。そこで、短編だから、ばらばらにしてもあとで困ることはないだろうと、昨年末に新しくしたプリンタ(コピー、スキャナ付き)で、テキストを拡大コピーしようとしたら、拡大も縮小もできなかった。マニュアルにはできると書いてあるので、できるはずなんだけど、結局、所詮はプリンタでしかないのか?悲しい。。。


ところで先日、全く知らない人からメールが来て(自己紹介もなかった)、ホーソーンの作品の邦題を教えて欲しいとのことだった。なんで私に?と思ったが、そういえば、「アメリカ文学作家・作品年表」 に、ホーソーンのページをつけておいたっけと思い出した。あのコーナーも、いつになったら出来上がるのやら?だ。ホーソーンのページ自体も作り直さなきゃいけないし。

しかし、私はホーソーンの研究者ではないので、有名なもの以外はよくわからない。特に短編となると、皆目わからない。それでも、一生懸命調べて返事を出したのだが、その結果どうなったのか、なしのつぶてだ。結局役に立たなかったのかもしれないが、お礼の一言くらいあったってよさそうなものだ。文章の感じからして、学生なのかな?と思ったが、人にものを頼んでおいて、お礼も言わないとは、あまりに失礼だ。

もっとも、ネット上では、こんなことはしょっちゅうあることなのだが、メールというデジタルな手段は、相手の労力までは見せてくれないから、あまりに簡単に考えがちだが、その裏側では、アナログの労力が存在しているわけで、それはこんな時代でも、ちゃんと認識するべきだし、それがわからないなら、他人に物を頼むなと言いたい。「メールで簡単に済ませる」というのは、あくまでも手段に過ぎず、中身や気持ち、礼儀までが簡単でいいというわけではない。顔が見えないからどうでもいいというのは、絶対に違う。

それと、そもそも質問を明確にしろと言いたい。自分でもよくわかっていないもの、あるいは自分ではわかっているつもりだが人にうまく伝えられないものなどは、文章をちゃんと考えてから書きなさい。まったく、なんで私がこんなわけの分からないことを、わざわざ解釈して調べなきゃいけないの?と思う。一言お礼でもあれば、それも報われるが、全く無駄な時間を使ってしまったと、非常に腹が立っている。


〓〓〓 BOOK

◆BOOK・OFF(明治通り店)

『ワイルド・ミートとブリー・バーガー』 海外文学セレクション/ロイス・アン ヤマナカ (著), Lois‐Ann Yamanaka (原著), 斎藤 倫子 (翻訳) ¥1000
(割引券 ▲¥150)
単行本(ソフトカバー): 350 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 東京創元社 ; ISBN: 4488016197 ; (1998/07)
出版社/著者からの内容紹介
ハワイ島ヒロ。日系少女ラヴィの日常は理想の暮らしからは程遠い。白人に憧れ、美人になりたいと願うティーンエイジャー一歩手前の女の子が、胸の内に抱く小さな思いをありのままに綴るポップな七〇年代グラフィティ。

※大好きな本なのに、絶版でもう入手できないと思っていたもの。ほとんど新品状態であったのが奇跡のよう。帯の青山先生のコピーもなつかしい。

<原書>
『Wild Meat and the Bully Burgers (Harvest Book)』/Lois-Ann Yamanaka (著)
U.S. 定価: $12.00
価格: ¥1,184 (税込)
OFF: ¥133 (10%)
ペーパーバック: 288 p ; 出版社: Harvest Books ; ISBN: 0156004836 ; Reprint 版 (1997/05/01)



●ビデオ

『シッピング・ニュース(字)』/ラッセ・ハルストレム監督 ¥500
角川エンタテインメント; ASIN:B000068WFR
内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)
『ショコラ』のL・ハルストレム監督による人間ドラマ。心に傷を抱えた男が、人々の愛に支えられて癒されていく様を描く。主演は『ペイ・フォワード』のケヴィン・スペイシー。


<原作>
『シッピング・ニュース』/E.アニー・プルー (著), E.Annie Proulx (原著), 上岡 伸雄 (翻訳)
価格: ¥940 (税込)
文庫: 542 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 集英社 ; ISBN: 408760408X ; (2002/02)
内容(「BOOK」データベースより)
クオイルは不器用な三十男。三流新聞を解雇され、浮気をし放題の性悪女の女房は事故で死んだ。父母も借金を抱え自殺。彼は人生をやり直すために二人の娘たちと唯一の血縁の叔母を伴い、父祖の地ニューファンドランドへ渡る。そこには一族の名のついた岬があり、叔母が昔捨てた家があった。クオイルは船の情報‐港湾(シッピング)ニュースを書く記者として雇われ、島の生活を始める…。ピュリッツアー賞、全米図書賞W受賞。
関連記事
スポンサーサイト



【 2005/02/19/02/24/45 (Sat) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL