FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

紀伊国屋洋書バーゲン初日

もう3日も雨で、今日はかなりの土砂降りだし、楽しみにしていた今日からの紀伊国屋の洋書バーゲンも、どうしようかと思っていたのだが(持って帰る時に濡れてしまいそうだし、何より雨の中を歩くのが嫌)、結局夕方から雨も小降りになったので、閉店間際に行ってきた。

今回は、どれも一度は買おうかな?と考えた本ばかりで、結構満足。しかし本当に欲しい本というのは、出版された時にだいたいAmazonで買ってしまうので、よく考えればバーゲンで買うのは、それほど欲しいというわけでもない本なのかもしれない。一度は買おうと思っても、買うまでに至らないわけだし。

それに、420円均一だから買うというのもある。バーゲンで買った本を全部読んだためしもないのだが、それでもいつか読むだろうと思って、安いから今買っておこうと思ってしまう。

結局それを入れる本棚もないから、箱にしまってそれっきり忘れ去るというのが多いのだが、それでも楽しいから良しなのだ。服やアクセサリーを買うより楽しいと思えるのだから、安上がりな楽しみだ。今回もJCBのギフト券が使えたし、1万円使おうと思ったら、相当重たい思いをしなくてはならない。

レジで並んでいた時に、前にいた男の人のカゴを覗いてみたのだが、あれは1万円はいっただろう。ポール・オースターや、カズオ・イシグロなど、ほとんどが純文学の作品で、大判の本も結構あったから、かなり重たそうだった。そのあたり、私は全部定価で買っているわけで、ちょっと悔しい。イシグロの『Never Let Me Go』を見たときは、やっぱり出たか!と。。。

今回は、児童書と大判のPBを買うのは絶対にやめようと決心して行ったのだが、一応眺めてはみたけれど、特にこれといって欲しいものもなかったので、迷いもせずに済んだ。

いつも「Harry Potter」は山ほど出ているのだが、私の欲しい本がない。コレクターであると公言しているにも関わらず、US版のハードカバーの1巻目を持っていないのだ。どうせ初版が買えるはずもないので、今更定価で買う気にもならず、毎回バーゲンで探しているのだが、紀伊国屋にはもうないのだろうか?

それと、どうでもいいと言えばどうでもいいのだが、ノーラ・ロバーツのアイルランド3部作の1作目。これもまた2、3作目は持っているのに、1作目がないという状態。これこそ、定価でなど買いたくない本なのだが、どうしても出てこない。古典の名作でもない限り、古くなればなるほど発見するのは難しくなる。

今回はあと1回くらい行く予定でいるのだが、今日買った本を除けば、あとは何もなかったかな・・・という気もしている。でも、上記2冊がいつ出るかわからないから、とりあえずまた行くつもり。


〓〓〓 BOOK

◆紀伊国屋洋書バーゲン

『Rococo』/Adriana Trigiani ¥1,140→¥420
Perfect: 337ページ
出版社: Random House Inc. (2006/04)
ASIN: 0345490517


『Prep』/Curtis Sittenfeld ¥1,148→¥420
Perfect: 467ページ
出版社: Random House Inc. (2006/01)
ASIN: 0812975812


『Specimen Days』/Michael Cunningham ¥1,089→¥420
ペーパーバック: 336ページ
出版社: Picador USA; Reprint版 (2006/4/18)
ASIN: 0312425023


『Jigs and Reels』/Joanne Harris ¥1,323→¥420
ペーパーバック: 288ページ
出版社: Black Swan (2005/3/1)
ASIN: 0552152331


『California Girl』/Jefferson Parker ¥1,008→¥420
ペーパーバック: 400ページ
出版社: HarperCollins (2005/06)
ASIN: 0007149387


『The Exile』/Allan Folsom ¥997→¥420
マスマーケット: 690ページ
出版社: Forge; Reprint版 (2005/12/22)
ASIN: 0765348357

(★JCBギフト券 -¥2,000)
関連記事
スポンサーサイト



【 2006/07/19/23/59/12 (Wed) 】 読書と日常 | TB(1) | CM(4)
ありがとうございます!
確認できてすっとしました。
『Where Serpents Lie』は、ずっと前の紀伊国屋バーゲンで(1冊500円の頃)、最終日に全部300円になったことがあり、それで衝動買いしたまま、それっきりでした。

読まれた8冊がほとんど★4か★5というのは、ハズレのない面白い作家なんですね。面白いという話は耳にしていたのですが、いまだに積読です。今回も1冊買ったことですし、近いうちに読んでみたいと思います!

【 2006/07/22 】 編集
t.JeffersonParker
Jefferson ParkerとT. Jefferson Parkerは同じ人です。
今までに読んだのは
Pacific Beat 93/01
Laguna Heat  95/04
Summer of Fear 95/05 
Little Saigon 95/08
Where Serpent Lie 00/03
The Triggerman's Dance 02/06
Silent Joe 03/01
The Blue Hour 03/08
でほとんど5★か4★だから私のお気に入り作家といって良いでしょう。
TBRにRed Light,Black WaterとCalifornia Girlがあるのですが、初の作家を先に読んでしまうので、後回しになっているのです。
【 2006/07/21 】 編集
私が見かけた(前にいた人のカゴの中で)『Never Let Me Go』は、マスマーケットではなく、トレード版でした。全部見たなと思っても、どんどん追加されているから、いつ出てくるかわかりませんね。(^^;

ところで、Jefferson Parkerは、『Where Serpents Lie』のT.Jefferson Parkerと同じ人でしょうか?向こうの人は、クーンツのようにRが抜けたりとかあるし、ややこしい。私も未読3冊くらいあったはず・・・。
【 2006/07/21 】 編集
私も昨日行きました。Never Let Me Goは見つからなかったですね。California Girlは前回のバーゲンで入手しましたが、Jefferson Parkerはこれで未読3冊になりました。あとの本は知らないものばかりです。
【 2006/07/20 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

紀伊国屋洋書バーゲン@新宿タカシマヤ
昨日から新宿タカシマヤで始まった紀伊国屋洋書バーゲンに行ってきた。 エレベータを降りたところにいつもはある会場が、ファンシーグッズを売っていて黒山の人だかりにびっくり。 洋書バーゲンはその奥になっていた。マスマーケットペーパーバックは大型ワゴン6台、トレ
【 2006/07/20 】 JazMys blog