FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

ヤクルトファンではないけれど・・・スワローズ通信

★ヤクルトスワローズ今週のイベント★

今週は8月4日が先日中止になった"ダンスミュージックNight"、5日・6日が"マクドナルド セ・リーグキッズデー"です。

そして6日は我らが古田PMの41回目の誕生日です。

6日は "代打オレ" Tシャツを着て、応援メッセージを持って神宮球場に集合です!

また、岩村選手の1000本安打達成の表彰が8月8日ジャイアンツ戦の試合前に行われます。当日は先着1万名様に記録達成記念下敷きをプレゼントします。


というわけで、横浜ファンなのに、ヤクルト古田の"代打オレ"Tシャツと、岩村の下敷きにかなり反応してしまったので、とりあえず記事として載せておきます。"代打オレ"に関しては、知ってる人だけ反応していただければ幸いかと。とはいえ、岩村の下敷きは、なぜか3枚も持っている。。。(^^;

そんな折も折、青山先生のクラスの小松さんから、神宮球場の「横浜×ヤクルト」戦の招待券が届いた。小松さん、どうもありがとうございます♪ヽ(σ▽σ)ノ


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『エンデュミオン・スプリング』/マシュー・スケルトン
単行本: 416ページ
出版社: 新潮社 (2006/6/29) ASIN: 4105052519
内容(「BOOK」データベースより)
『最後の書』を手にした者は全世界を支配できる。もし悪人の手に渡ったら、世界は破滅への道をたどるのだ。ただし、その本のページは空白で、選ばれし者しか読むことができない。―1450年代ドイツの章は、グーテンベルクなど歴史上の人物が登場、印刷術秘話も織り込まれる。現代のオックスフォードが舞台の章は、主人公ブレークが追跡者の影に怯えながらも、本の謎を解明していく。果たしてその謎とは―。


◆図書館貸し出し(→8/15)

『儚い光』/アン・マイクルズ
単行本: 303ページ
出版社: 早川書房 (2000/10)
ASIN: 4152083069
内容(「BOOK」データベースより)
ナチスの殺戮を逃れた七歳の少年ヤーコプは、ギリシャ人地質学者アトスに救われ、二人はアトスの故郷の島へ逃げた。家族を虐殺されて心に深い傷を負った少年を、アトスは深い慈愛で守り、貧しいながら豊かな学問を授ける。戦後、二人はトロントは旅立ち、穏やかな日々が続く。過去の悪夢から逃れられぬヤーコプは、アトスが授けてくれた学問に救いを見出すようになる。そして、アトスのほか唯一の理解者となる妻にも巡り合った。そしていま、ヤーコプがついに得た人生の喜びは、多の者によって新たな意味を持とうとしていた…。世界25ヵ国で翻訳され、オレンジ小説賞ほか10賞を受賞した、珠玉の大作。生きることの意味を探し彷徨する魂を、流麗な文体で紡ぐ、世界的ベストセラー。


『魔法医師ニコラ』/ガイ・ブースビー
単行本: 283ページ
出版社: 小学館 (1996/09)
ASIN: 4092510276
出版社 / 著者からの内容紹介
――日本の冒険小説マニアのあいだで長く待望されていた書を菊地秀行が入魂の翻訳―― 19世紀後半の上海で「報酬1万ポンドでチベットへ行こう」とヒキガエルのように青い顔をしたニコラ博士に誘われた主人公。 天津・北京からチベットへ、ふたりは艱難辛苦の旅を続けて、奥地の秘密結社の総本山潜入を果たす。 そこでふたりが目にしたものは、驚くべき超自然の技術であった。全身麻痺の病人をマッサージのような治療で完璧な健康体に戻したり、電気を使って死者を蘇生させたり、さらには枯れ草を燃やした煙の中から甦らせた死者を歩き回らせたり…。 その技術を盗みとって脱出したふたりに、待ち構えていた危機と罠…次から次へと息もつかせぬアクションとロマンの名著復刻。


『ダンテ・クラブ』/マシュー・パール
単行本: 383ページ
出版社: 新潮社 (2004/8/26)
ASIN: 4105447017
内容(「BOOK」データベースより)
1865年。南北戦争の傷痕も生々しいボストンとケンブリッジで、猟奇殺人が続発する。犯行の手口が表わす意味に気づいたのは“ダンテ・クラブ”―詩人ロングフェローを中心とする文壇の重鎮たちだけだった。『神曲』初のアメリカ版翻訳を終えようとする彼らに挑むかのように、犯人は『地獄篇』に描かれた劫罰を模していたのだ。誰も知らないはずの作品の模倣犯―自分たちへの嫌疑はもとより、さらなる凶行の可能性、ダンテのアメリカにおける未来に危機感を抱いたクラブのメンバーたちは象牙の塔を飛び出し、知力を結集して巷間に犯人を追う。


『シャドウマンサー』/G・P・テイラー
単行本: 416ページ
出版社: 新潮社 (2006/6/29)
ASIN: 4105051717
内容(「BOOK」データベースより)
舞台は18世紀イギリス。全世界を支配できる力が手に入るという魔法の品“ケルヴィム”が暗黒の牧師の手に落ちた―。世界は、暗闇にとざされてしまうのか?13歳の少年トマスと幼なじみの少女ケイト、そしてケルヴィムの鍵をにぎる謎の青年ラファーが、いま立ちあがる。
関連記事
スポンサーサイト



【 2006/08/01/23/59/46 (Tue) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL