FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

ヒャクニチソウの満開の下

今日Amazonから、Michael Lee Westの『Mad Girls in Love』(アメリカ南部本)が届いたのだが、それでいろいろ検索していたところ、ちょっと前に買った同じくWestの『Crazy Ladies』が、3年か4年くらい前に翻訳で読んだことがあり、結構気に入っていた『ヒャクニチソウの満開の下』の原書だったことがわかって、ショックを受けた。


それにしても、『Crazy Ladies』が一体なんで「ヒャクニチソウ」になってしまうんだろうなあ?かなり前に読んだので、ミシェール・リー・ウェストというカタカナ名がMichael Lee Westに結びつかなかったのもあるし、翻訳本のタイトルが全然思いもよらないタイトルになっているから、同じ本かもしれないという考えはこれっぽっちも浮かばなかった。ああ、また無駄なことをしてしまった。。。ぶぶぶ!



ところで、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」にちなんで新たに書かれた<ジャック・スパロウの冒険>シリーズは、これで1冊なの?というくらいの物足りなさ。現在3巻まで出ているが、普通の本なら3冊で1冊分くらいの内容だろう。実際ほんとに子供向け。でも、子供向けと思って侮っていると、売れないからね。ちなみに原書ではどうなっているんだろう?と思って調べてみたら、原書でもこのとおりらしい。出版元もディズニーだし、ディズニーらしい商売だ。

(1)The Coming Storm (Pirates of the Caribbean Jack Sparrow)
(2)The Siren Song (Pirates of Caribbean Jack Sparrow)
(3)The Pirate Chase (Pirates of the Caribbean Jack Sparrow)


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『パイレーツ・オブ・カリビアン ジャック・スパロウの冒険(1)嵐がやってくる!』/ロブ・キッド
単行本: 173ページ
出版社: 講談社 (2006/7/4)
ASIN: 4062135396
内容(「MARC」データベースより)
すべてはそこから始まった! 海の荒くれ者が集まる酒場「フェイスフル・ブライド」で出会った少年ジャックとアラベラ。コルテスの剣に魅入られた2人は…。少年時代のジャック・スパロウを描く、ファン垂涎の冒険小説。


◆Amazon

『Mad Girls in Love』/Michael Lee West ¥1,556
ペーパーバック: 528ページ
出版社: Harpercollins; Reprint版 (2006/07)
ASIN: 0060985062
From Publishers Weekly
With young Bitsy Wentworth's nose-shattering blow to her philandering husband Claude's handsome face (motive: self-defense; weapon: frozen rack of baby back ribs), West launches this warm but overloaded chronicle of three generations of Southern female eccentricity and spunk. It's August 1972, and Claude is out cold, so Bitsy flees Crystal Falls, Tenn., with their baby, Jennifer, a move that will lose her custody of (though not contact with) her daughter while setting in motion her evolution from girl-wife to worldly interior decorator 20 years later. This follow-up to West's debut, Crazy Ladies, reunites readers with familiar characters, including Bitsy's mother, Dorothy McDougal—who from a Nashville mental institution wages a letter-writing campaign to Pat Nixon on Bitsy's behalf—and Dorothy's sister, Clancy Jane, a hippie cafe owner. Despite well-wrought moments of reconciliation between estranged women throughout (Jennifer's ultimate gesture of forgiveness for Bitsy is especially understated and touching), the novel bogs down in endless female feuding and repetitive male faithlessness (i.e., Claude; Bitsy's second husband, Louie; and Jennifer's almost-husband Pierre). Quirky minor characters and subplots overcrowd this 500-plus page novel, but when West focuses on the complexities of familial or romantic relationships, the novel is at its most heartfelt. (July)
Copyright © Reed Business Information, a division of Reed Elsevier Inc. All rights reserved.
関連記事
スポンサーサイト



【 2006/08/14/23/59/18 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL