FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

アーヴィングとハンバーガー

現在、ジョン・アーヴィングの 『158ポンドの結婚』 を読んでいるのだが、なんだかほっとしている。ああ、やっぱりアーヴィングだなあと。ディケンズでもヴォネガットでもない。アーヴィングでなければならないのだ。
※画像は原書 『The 158-Pound Marriage』

一時期、サリンジャーを読んでから、全然ダメだと思っていた現代アメリカ文学だが、そんなことはないのだと気づかせてくれたのがアーヴィングだったわけだから、私にとっての現代アメリカ文学の原点とも言える作家なのだ。だから久しぶりにアーヴィングを読むと、やっぱりこれだよと思う。

絶版になっている『158ポンドの結婚』と『ウォーターメソッドマン』の2作は、古本で探しまくって入手しておいたのだけど(原書も持っているくせに見て見ぬふり)、なかなか読む機会がなく、今の今まで本棚で眠っていたのだが、何を読んでも面白くないという気分だったので、そろそろ奥の手を出して、アーヴィングに行ってみようかという気になった。こんなことなら、もっと早く読めばよかった。「後悔先に立たず」を地で行っている。

アーヴィング以外では、マキャモンなら面白いのは重々承知なのだが、マキャモンは作品の数が限られているので、読み終えてしまうのが惜しいという気持ちもあって、大事に大事に読んでいるため、一気に読んでしまわないよう我慢しているのだ(無意味な我慢だとは思うが)。アーヴィングもマキャモン同様、そんなに多作の作家ではないから、全部読み終えてしまうのがもったいないという気持ちがある。好きなものはあとにとっておくという性格が、いくら痛い目にあっても直らないのだ。

しかしアーヴィング自身も、心酔しているディケンズを全部読み終えてしまうのはもったいないと考えているらしく、最後に読むための作品は、未読のままとってあるのだそうだ。それって、危険な賭けだとは思うけど(未読のまま、いつ何時ぽっくり逝ってしまうかもしれないから)、気持ちはすごくよくわかる。


今日は病院に行ったついでに、タカシマヤでお買い物。今週は風邪気味だったので、ほとんど外出しておらず、そのためにたまってしまった買い物をしていたら、疲れ果てた。ダイエットのストレスを買い物で発散か?というように、何も考えずに靴を2足購入。すっとした~。

その上、疲れるのはダイエットのせいで、ろくなものを食べていないせいもあるに違いないと、 海老カツバーガーの旗に吸い込まれるようにして、帰り道のモスバーガーで、ハンバーガーを食べてしまった。海老好きの私の目に、「海老カツバーガー」の文字は猛毒!けど、すごくハッピーな気持ちになった。これだから、痩せないってのよ。

ちなみにモスの成分表によれば、私のモスバーガーベスト3のカロリーはというと、海老カツバーガーは385kcal。海鮮かきあげバーガーが320kcalで、スパイシーチリドッグは420kcal。あれ?全然予想と違っていた。調べてみるもんだね。

というわけで、アーヴィングとハンバーガーで、このところの不安定な内面のイライラも、すっきり解消。実に単純明快な精神構造。私の機嫌をとりたいときは、本かモスバーガーベスト3でつればOKってことですかね?(^^;


ところで、「INFORMATION BOARD」 のほうにはすでに情報を載せているのだが、3月9日からタカシマヤで紀伊国屋の洋書バーゲンがある。去年の今頃以来、1年間バーゲンがなかったし、なかなか案内も出ないので、もうバーゲンはやらないのかと思い、タカシマヤのお買い物券を、別のものに使ってしまった。

タカシマヤのお買い物券は、毎年この時期に本を買うためにとっておくのに、ちょっと案内遅すぎだよ~!実際、3月のタカシマヤの催事案内にも、何も載っていない。去年、夏も秋もバーゲンをやらなかったことで、タカシマヤと紀伊国屋の間に、亀裂が入ったとか?などと、邪推している。
関連記事
スポンサーサイト



【 2005/02/26/23/39/53 (Sat) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL