FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

世界の巨大恐竜博2006

幕張で開催されている「世界の巨大恐竜博2006」に行ってきた。数年前にも「ジュラシックパーク・インスティチュート」というのに行ったし、はるか昔には、ブラキオサウルスを観にも行った。つまり、恐竜大好き!

しかし、今回の目玉である世界最大級のスーパーサウルス(という名前)は、いわゆる昔プロントサウルス(現在アパトサウルス)とか呼ばれていたタイプのような、首の長い恐竜。草食で頭が小さい。30mを超えるという骨格は、確かに横には長い。でも、ブラキオサウルスのような高さがないので、迫力に欠けた。

ブラキオサウルスもスーパーサウルスと同じタイプの恐竜だが、昔は姿勢が違っていた。巨大恐竜と言えば、はるか上を見上げなくてはならないくらいの高さがあった。ここ数年、映画「ジュラシックパーク」が作られたあたりから、恐竜の姿勢が前に傾斜し、尾が持ち上げられるようになり、横に長くなった。

この姿勢は学術的には正しいのだろうが、個人的には好きではない。重々しさがなく、よりトカゲっぽくなってしまったような気がする。それに、ブラキオサウルスのほうが骨太だったな。

でも、最後にティラノサウルス(今回はティランノサウルスと表示してあった)とトリケラトプスの全身骨格を見て、その巨大な頭部に魅せられた。やっぱりティラノサウルスは、恐竜のスターだ。いくら体が巨大でも、頭が小さいと愚鈍に見えてしまう。迫力がない。「恐竜」と言うくらいなのだから、やっぱり恐ろしくないとね!

帰りは、もしかして・・・と思っていたTDLには行かず、幕張海浜公園でしばし海を眺めてきた。やはり海はいいなあ。風がとても心地よかった。その後、幕張駅近くのメキシコ料理店で夕食を食べて帰ってきた。海とメキシコ料理、GOODでした♪


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『彼等』/長野まゆみ
単行本: 162ページ
出版社: 集英社 (2000/05) ASIN: 4087752690
出版社/著者からの内容紹介
東京で大学受験勉強中の凛一。京都でフットボール部のQBとして活躍する氷川。氷川への思いを断てない凛一の元に、憔悴しきった従弟の正午が現れる。少年と青年の端境期を繊細に描く好評シリーズ。
関連記事
スポンサーサイト



【 2006/08/31/23/59/40 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL