FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

ラグビー早大×帝京大─佐々木&菊池に握手してもらうの巻

◆ラグビー関東大学対抗戦「早稲田X帝京」 秩父宮14:00

早大が開幕5連勝!
ラグビーの関東大学リーグは13日、東京・秩父宮ラグビー場で対抗戦グループの2試合を行い、早大は42-17で帝京大に快勝し、開幕から5連勝となった。帝京大は2勝3敗。

<2004年度試合結果>

今年は9月のオックスフォード戦以来の観戦。観戦の出足が遅い。でももちろん、この後の「早慶戦」と「早明戦」のチケットは入手済み。

今日は試合後、早稲田のナンバーエイト・佐々木とスタンドオフ・菊池に握手してもらった。おととし、大ファンだった山下大悟に「握手してください」と言えなかったのが嘘みたいに、選手をわざわざ呼び寄せて握手してもらった。だんだん図々しくなってるかも。(^^;

でも、今年卒業したはずの山岡がいたのにはびっくり!結局卒業できず、だぶったのか・・・。もちろん試合には出なかったが、途中でもしかして出たりして?とドキドキしてしまった。中には5年生というのもいるからなあ。


帰りに、夕飯にはまだちょっと早いという時間だったので、途中にある図書館で暇つぶしをした。読まなければならないものがたくさんあるので、借りるのはやめようと思っていたのに、前回1巻目がなかった「ドラゴンランス」シリーズが揃っていたので、ついつい借りてしまった。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの本も、まだピカピカの新品だったし、魔法使いマーリンの話で、これは読んでもいいかなと思っていたものだったので、ついでに借りてしまった。566ページという分厚い単行本だし、ほかの本に比べて、異常に行間がくっついてるし、ちょっとやそっとじゃ終わりそうにないので、また今月のブックックラブもばたばたになりそうな予感。

それに今回2冊だけ借りた「ドラゴンランス」が、ものすごく面白かったら・・・。考えるだけで、頭が痛い。「ドラゴンランス」は、最初のシリーズが最近復刊になったのだが、全部合わせると20冊くらいある。それが、それぞれ1冊2000円近い値段なので、たとえ面白かったにしても、とても全部など買えたものではない。

だいたい、出版元のアスキー儲けすぎ! <アイスウィンド・サーガ> シリーズの1作分を3分割したということにも、すごく腹を立ててるんだから。。。3冊いっぺんに出してくれれば、多少はそれも我慢してやろうと思うけど、1冊目が出たきり、うんともすんともない。続きは一体どうなってるのよ?蛇の生殺しみたいな真似はやめてくれ!って感じ。

どうしても読みたい場合は、せっかく原書を買ったのだから、それを読めばいいってことなんだけど、なんか1冊目を買ってしまったので、その後が気になって仕方がない。1作分だけでもまとまっていれば、それはそれでいいんだけど、1作の3分の1だけなんて、ひどすぎる! <と、アスキーに読者カードを送ろうと思っている。


〓〓〓 BOOK

◆図書館

『ドラゴンランス(1)廃都の黒竜』/マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン
単行本: 416 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757708424 ; 1 巻 (2002/04/26)
内容(「MARC」データベースより)
剣と魔法の世界クリンを舞台に、ハーフ・エルフの剣士タニス、魔術師レイストリンらの冒険者一行が、闇のドラゴン軍との戦いに巻き込まれてゆく。1987~88年刊「ドラゴンランス戦記」改題。

『ドラゴンランス(2)城砦の赤竜』/マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン
単行本: 320 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757708432 ; 2 巻 (2002/04/26)
内容(「MARC」データベースより)
一行はいったん故郷ソレースに戻るが、そこはすでにレッドドラゴン群の火炎に焼き尽くされた後であった。ドラゴン群の捕虜となり、奴隷鉱山に送られる一行は…。1987~88年刊「ドラゴンランス戦記」改題。

『花の魔法、白のドラゴン』/ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
単行本: 566 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 徳間書店 ; ISBN: 4198619018 ; (2004/08/29)
出版社/著者からの内容紹介
<ブレスト>は魔法に満ちた世界だ。たくさんある異世界の魔法のバランスを保つ、大事な存在でもある。ところがある日、その世界のイングランドに住む、宮廷付き魔法使いの娘ロディは、国中の魔法を司る「マーリン」が、恐るべき陰謀を企てていることに気づいた。だけど大人たちは、そんな話は信じてくれない。ただひとりの味方、幼なじみの少年グランドも、どんな魔法もひっくり返してかけてしまうから、頼りになるどころか、ロディの方が面倒を見なければならない始末。自力で陰謀に立ち向かう決心をしたロディは、古の魔女から<花の魔法>を受け継ぐのだが……。

一方、<地球>の英国に住む少年ニックは、長年、魔法を習いたいと夢見ていたが、ある日、ロンドンのホテルから異世界に足を踏み入れ、事情がわからぬままロディを助けることになり……?冥界の王、燃えあがるサラマンダー、大地に眠る伝説の<白のドラゴン>……多元世界を舞台に、二つの視点から描かれた、波乱万丈のファンタジー。著者最新作にして渾身の最長編!
関連記事
スポンサーサイト



【 2004/11/13/23/12/17 (Sat) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL