FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

聖者の行進

Oh, when the saints go marchin' in
Oh, when the saints go marchin' in
I want to be in that number
Oh, when the saints go marchin' in.......

この曲は、大人なら誰でも一度は聞いたことがあると思う。「聖者の行進」はトラッドジャズの中で最も有名で、最もニューオーリンズらしいナンバーだと思うが、あんまりポピュラーすぎて、ニューオーリンズではめったに演奏されなくなっているほど。

これをジャズフェスで歌うのだが、私はこの曲を一番大事にしている。どんな時でも励まされ、またどんな人をも楽しくさせる魔法のような曲だから。ハリケーンで被災した人たちも、この曲を歌ったり演奏したりして、前を向いて頑張っている。それを思うと、逆に涙も出てくる。そんな人たちの思いがいっぱいつまった曲だから、大事に丁寧に歌いたいと思う。

最も有名なのはルイ・アームストロングの演奏だと思うが、私が今回カバーするのはジャミル・シャリフのアレンジ。これを耳で聞き取ってマスターするのに相当苦労した。

でも、ジャミルの歌詞は愛と平和に満ちていて、数ある「聖者の行進」の歌詞の中でも一番グッとくるものだったから(基本の歌詞は上に書いたものだけ)、絶対にそれを歌いたいと思った。毎日嫌な事がたくさんあるけれど、私はこの曲を歌いながら、前を向いて頑張る!

あまりこの曲が演奏されなくなっていたハリケーン前のニューオーリンズで、たまたまジャミル・シャリフの演奏を聴けたのは、まさに運命だったかもしれないと思っている。
関連記事
スポンサーサイト



【 2006/09/29/23/59/35 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL