FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

いいぞ、エドガー・ミント!

『エドガー・ミント、タイプを打つ。』を読了。これは、読みながら「いいぞ、エドガー・ミント!」と声援を送りたくなるような本。7歳で死にかけて、その後辛いことがたくさん降りかかってくるにも関わらず、また、まだほんの幼い子どもであるにも関わらず、飄々と生きていくエドガー。その姿は、どこかけなげで、またユーモラスでもあり、なにかしみじみとした感じがある。

偉い人だとか、大物だとか、そんなことには一切関係ない世界。いじめられたりすれば、それなりに曲がりくねっていくのだけれど、エドガーの本質には、しっかりとした善なる心があって、だからこそ、親や友だちが死んだりすると、自分のせいではないかと苦しみ、ひたすらタイプを打つことで、そういった気持ちに折り合いをつけていく。

昨今、平気で人の心を傷つける人間がいることに腹立たしさを覚えているけれど、エドガーの姿を見ていると(読んでいると)、何も立派なことをしなくたっていい、まっとうに生きてさえいれば、と思う。

「僕にとってなによりすばらしいこと、それはこの13年間(郵便配達人の妻を母として一緒に暮らした年月)にとりたてて言うほどのことがないということだ」

人を傷つけたり、押しのけたりして成功するよりも、平穏無事に何事もなく生きていくことの幸せを実感させてくれる言葉だ。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『エドガー・ミント、タイプを打つ。』/ブレイディ ユドール (著), Brady Udall (原著), 松本 美菜子 (翻訳)
単行本: 571 ; 19 x 13
出版社: ソニーマガジンズ ; ISBN:4789722635 ; (2004/04)
内容(「MARC」データベースより)
白人とアパッチのハーフの主人公エドガー・ミントは7歳の時に郵便トラックに頭を轢かれる。奇跡的な回復を遂げるも波乱万丈の人生が彼を待ち受けていて…。切なく可笑しく、じわりと人生に染み込んでくる、不思議な味の物語。
関連記事
スポンサーサイト



【 2004/09/27/05/29/25 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL