FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

Jane Austen

20070413170743
授業でジェイン・オースティンをやるのですが、これまでに読んだオースティン作品は以下↓ :以降は邦題。

●Pride and Prejudice:自負と偏見(高慢と偏見)
●Sense and Sensibility:分別と多感
●Emma:エマ
●Mansfield Park:マンスフィールド・パーク
●Northanger Abbey:ノーサンガー・アビー
●Persuasion:説得

※オースティン作品はどれを読んでも面白い。特に大島一彦氏が翻訳した『説得』の中にある手紙は、英文学史上最も美しいラブレターとして知られています。

『説得』の翻訳は他にもありますが、このラブレター部分だけを比較しても(最も重要な部分)、美しい日本語に訳すことに心を尽している大島先生の訳がいかに秀逸かが分かります。
関連記事
スポンサーサイト



【 2007/04/13/17/07/43 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL