FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

ゴミと罰

20070516162704
久々にジル・チャーチルの本でも読むかなと思ってAmazonで検索してみたんだが、この人の《主婦探偵シリーズ》は、とにかくタイトルがおかしい。

古典の名作や有名な本のタイトルをもじったダジャレのようなタイトルが、主婦探偵にうまくマッチしていて笑えるのだ。内容は原作には似ても似つかないミステリーだけど…。

以下そのタイトルだが、右は元になった本。(刊行順)

1.ゴミと罰―罪と罰(ドストエフスキー)

2.毛糸よさらば―武器よさらば(ヘミングウェイ)

3.死の拙文―死の接吻(アイラ・レヴィン)

4.クラスの動物園―ガラスの動物園(テネシー・ウィリアムズ)

5.忘れじの包丁―不明(有名な原作があるはずだが思い浮かばない)

6.地上(ここ)より賭場に―地上(ここ)より永遠(とわ)に(ジェイムズ・ジョーンズ)

7.豚たちの沈黙―羊たちの沈黙(トマス・ハリス)

8.エンドウと平和―戦争と平和(トルストイ)

9.飛ぶのがフライ―飛ぶのが怖い(エリカ・ジョング)
関連記事
スポンサーサイト



【 2007/05/16/16/27/05 (Wed) 】 moblog | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL