FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

ジャケ買いのハワイ本

昨日、久々に踊ったりしたので、疲れ果てて寝ていたところ、Amazonから予想外に早く本が届いた。げ!これって、10日過ぎに発送予定じゃなかったっけ?と寝ぼけまなこで受け取る。

1冊は、アポロ13号のためにわざわざ買った、マキャモンの『少年時代』の下巻。これでもう、単行本はいらなくなっちゃったな。もしかして、ロンドンの山本さん、単行本でもいるかな?

もう1冊は、この間懐かしく読み返していた、青山先生の「ハワイという文学の島々」の中で気になった、シルヴィア・ワタナベの『Talking to the Dead』だ。これは、ジャケ買い。いかにもハワイっぽい表紙にひかれてしまったのだ。こんなアロハシャツがあったら買いたい。

もうしばらくハワイに行っていない。なんだかんだ言っても、ハワイは気候もいいし、言葉も通じるし、ものすごく楽なのだ。あの湿気のない気候だけでも元気になってしまう。スコットランドの知り合いが、「ハワイなんてプラスチック・パラダイスじゃないか」と言っていたが、そういうチープな感覚が好き。気負わずに過ごせるところがいいんだと思う。それに、ナマコもいないし。<実はいるという話もあるが。。。

ああ、ハワイに行きた~い!


〓〓〓 BOOK

◆Amazonから

『Talking to the Dead: And Other Stories』/Sylvia Watanabe ¥1724
ペーパーバック: 127 p ; 出版社: Random House Inc ; ISBN: 0385418884 ; Reprint 版 (1993/08/01)
From the Publisher
By an 0. Henry Award-winning young writer, these interrelated stories paint a moving, many-faceted portrait of a Hawaiian village, where ancient traditions and modern values meet in a magical mix of the marvelous and the real.

『少年時代』(下)/ロバート・R・マキャモン ¥700
文庫: 494 p ; 出版社: 文芸春秋 ; ISBN: 4167254379 ; 下 巻 (1999/02)
内容(「BOOK」データベースより)
初恋、けんか、怪獣に幽霊カー。少年時代は毎日が魔法の連続であり、すべてが輝いて見えた。しかし、そんな日々に影を落とす未解決の殺人事件。不思議な力を持つ自転車を駆って、謎に挑戦するコーリーだが、犯人は意外なところに…?もう一度少年の頃のあの魔法を呼び戻すために読みたい60年代のトム・ソーヤーの物語。
関連記事
スポンサーサイト



【 2004/08/06/06/22/50 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL