FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

アポロ : ミッション・トゥ・ザ・ムーン(FB投稿)





録画してあったナショジオの「アポロ : ミッション・トゥ・ザ・ムーン」を観ました。



1号から16号までのハイライト的なドキュメンタリーだけど、最も注目されるのは、やはり11号の月面着陸。人類の最初の一歩には改めて感動し、感極まって涙さえ出ました。



さらに映画にもなった13号。宇宙船の爆発で月には到達できなかったけれど、無事に帰還すると分かっていても、映画ではない真実の記録にハラハラドキドキ。これもまた感極まって涙。



いくらトム・ハンクスやケビン・ベーコンの演技が素晴らしいとはいえ、やっぱり真実に勝るドラマはないですね。



今後、火星や他の星に最初の一歩を踏み出す人間が必ずいるだろうけど、この月面着陸の一歩ほどのインパクトはないだろうなと思います。



これを観ていて気付いたんだけど、私は英語の響きが大好きで、一番カッコイイ言語だと思っています。その理由が、子供の頃に聞いた宇宙飛行士と管制センターとのやり取りだったんですね。



子供心に、カッコイイなあ!と思っていたのが、三つ子の魂百までもで、今でも音楽を聴くより心地良い。



このドキュメンタリーで、そのやり取りを心ゆくまで聞けてすごく嬉しい。満足です。

関連記事
スポンサーサイト



【 2019/08/30/18/11/17 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL