FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

「ドラゴンランス」残り1冊

体調も悪いので、読書に精を出す。というか、「ドラゴンランス」が面白いので、すっかりこの世界にはまり込んで、これ以外に目が向かないのだ。体調が悪いと言いながらも、実は楽しい思いをしていたりする。

こういった異世界のファンタジー(月が3つあるというのだから、地球でさえもないのだろう)は、ほとんど中世のヨーロッパ的な状況で、それは「指輪」の中つ国だってそんなものだ。

「指輪」の場合の絶対的なヒーローは、やはりアラゴルンなんだろうけど(指輪保持者として、世界を救ったフロドもヒーローと言えるが)、「ドラゴンランス」では、中心人物のハーフ・エルフのタニスはもちろんのこと、登場人物それぞれがヒーロー的な素質を持ち、脆弱な魔術師レイストリンでさえ、ある意味ではヒーローである。

そのほか、高潔な騎士スタームとか、民衆の期待を背負って立つエルフの姫ローラナとか、朴訥な大男キャラモンとか、好きな人物をあげようと思うと、誰か一人には決められないくらい、皆素晴らしいキャラクターなので、こんなに私好みのキャラが出てくる話は、ちょっと他には見当たらない。だから、楽しくて仕方がない。

こうしたファンタジーの例に漏れず、基本は善と悪の戦いが描かれているのだが、登場人物それぞれが、いかにも人間的な(エルフやドワーフやケンダーといった人間以外の種族であったりもするが)問題に苦悩しているのも、また魅力のひとつかもしれない。

4巻目で、騎士スタームが死ぬところなどは、マジで涙が溢れてきた。いかなる世の中でも、いかなる事態でも、高潔な自己犠牲による死は、人を感動させるものだなと思う。

「ドラゴンランス」シリーズは、図書館では子どもの本棚に置いてあるのだが、子どもだけに読ませておくなんて、もったいない!大人でも十分に楽しめるシリーズだ。展開も早く、息をも継がせぬといった感じで、エンターテインメントとしても一級品だと思う。

「ダークエルフ物語」のドリッズト・ドゥアーデンも大好きだが、「ドラゴンランス」のキャラたちもまた、私のお気に入りになるだろう。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『ドラゴンランス(5)聖域の銀竜』/マーガレット ワイス (著), トレイシー ヒックマン (著), 安田 均 (翻訳)
単行本: 356 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757709307 ; 5 巻 (2002/08/30)
内容(「MARC」データベースより)
かつてない壮大さと感動のファンタジーの第5弾。ドラゴン、騎士、エルフなどが争う壮大な「剣と魔法」の世界。ハラハラ、ドキドキの海外ファンタジー。1987~88年刊「ドラゴンランス戦記」の改題。
関連記事
スポンサーサイト



【 2004/11/25/23/13/01 (Thu) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL