FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

伊坂幸太郎

日本文学は普段あまり読まないのですが、先日、伊坂幸太郎の『アヒルと鴨のコインロッカー』を読んで面白かったので、図書館に見境なく予約したところ、5冊いっぺんに来てしまって…( ̄▽ ̄;)

例えば、ガルシア・マルケスとかスタインベックとか、アーヴィング、マキャモン、マッカーシーなど、好きな外国文学の作家なら、続けて読んでも飽きないのだけど、これは二作目でもう飽きましたね。

もちろん、日本の作家でも飽きない人はいます。続けて読んでも苦にならないという作家もいます。でも、どれを読んでも面白い、続けて読んでも飽きないという作家はなかなかいませんね。

そういう意味では、伊坂幸太郎はまだまだ若い。若いから、将来に期待しようとも思いますが、今のところ、なんかみんな似たり寄ったりの話だね…という感想です。
関連記事
スポンサーサイト



【 2008/01/20/16/36/54 (Sun) 】 moblog | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL