FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

ダン・ブラウン新作

昨日も書いたが、ずっと前に図書館に予約した本が、一度に重なった。まったく、なんでこうタイミングが悪いんだろう?普通ならタイミングがいいと思うところかもしれないが、今の状態では、途方にくれるばかり。

しかも今日借りた3冊は、この後予約が入っているので、延長もできないし、今を逃したら、次はいつになるかわからない本ばかり。そんなにじっくり読む本でもないと思うけど、あせって読むのもどうかと。例え延長できたにしても、返却日にしか手続きできないし、その日にはもう日本にはいないので、どっちにしても無理。

先日借りた南部ものの本と、今日借りた人気のある本と、どちらを優先したらいいものやらだ。どちらにしても、旅行に行く前に返却しなくちゃいけない。

ダン・ブラウンは、『ダヴィンチ・コード』 が500人近くの予約があって、なかなか借りられないので、新刊を狙ったのだが、狙いは当たっていたけれど、よりにもよって今じゃなくても・・・という感じ。この作品は、2001年に書かれたものなので、ダン・ブラウンにとっては新作ではないが(『ダヴィンチ・コード』は2003年)、日本では新作ということになっている。『ダヴィンチ・コード』との関連もない。

ファンタジーの『セプティマス・ヒープ』は、大型の本にしては珍しいソフトなカバーで、装丁も凝っているので買ってもいいかなとは思ったものの、現代のファンタジーにはハズレが多かったりするし、これもシリーズものなので、とりあえず1巻目は借りることにしたのだが、予約した時はすぐに読めると思っていたのに、準備できるまでに予想外の時間がかかった。

で、「七番目の息子のそのまた七番目の息子」という設定は、どこかで読んだ記憶があるのだが、全然思い出せない。その設定に重大な意味があるのかと思いきや、結局大したことじゃなかったりするんだな。これが寝不足になっても悔いがないほど面白ければいいんだけど。。。

ところで、バーダマン先生の『わが心のディープサウス』を再読。旅行前の情報収集のためだが、この文章と写真を見ると、どこに行けばツボかがわかるだろうと思って。もちろんこの本はニューオリンズのことだけではないが、私の南部のイメージの一位であるミシシッピ川についても結構書かれているので、必読だろう。

ジュリー・スミスは1冊読み終えた。2作目を続けて読みたいところだが、たぶんダン・ブラウンのほうを先に読むことになるだろうと思う。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『ニューオーリンズの葬送』/ジュリー・スミス
新書: 422 p ; サイズ(cm): 19
出版社: 早川書房 ; ISBN: 4150016038 ; (1993/10)

※画像は原書 『New Orleans Mourning (Skip Langdon Novels)』/Julie Smith


<再読>
『わが心のディープサウス Lands&Memory 記憶の風景』/ジェームス・M・バーダマン (著), スティーブ・ガードナー (写真), 森本 豊富 (翻訳)
単行本: 125 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: 河出書房新社 ; ISBN: 4309267815 ; (2004/09/02)


◆図書館貸し出し

『セプティマス・ヒープ (第1の書)』/アンジー・セイジ (著), 唐沢 則幸
単行本: 550 p ; サイズ(cm): 22
出版社: 竹書房 ; ISBN: 4812420768 ; 第1の書 巻 (2005/03)
出版社 / 著者からの内容紹介
七番目の息子のそのまた七番目の息子には、神秘の「魔力」が宿る…。平俗魔法使いのピープ家に七人目の息子・セプティマスが誕生した。だが赤子は死に、死体を助産婦に奪われてしまう。同じ日、父サイラスは生後まもない女児を拾う。一家はジェンナと名づけて育てるが、その正体はなんと闇黒魔法使いに命を狙われる王女だった…。

『デセプション・ポイント(上)』/ダン・ブラウン (著), 越前 敏弥 (翻訳)
単行本: 345 p ; サイズ(cm): 20
出版社: 角川書店 ; ISBN: 4047914932 ; 上 巻 (2005/04/01)
出版社 / 著者からの内容紹介
「ダ・ヴィンチ・コード」の著者ダン・ブラウン、待望の日本最新作!
大統領付きのスタッフ・レイチェル。だが、父は現職と次期大統領の座を駆けた選挙戦の渦中にあり、彼女の立場は複雑だった。そんな時、大統領から緊急に呼び出され、NASAの大発見を確かめてきてほしいというのだが・・・。

『デセプション・ポイント(下)』/ダン・ブラウン (著), 越前 敏弥 (翻訳)
単行本: 330 p ; サイズ(cm): 20
出版社: 角川書店 ; ISBN: 4047914940 ; 下 巻 (2005/04/01)
出版社 / 著者からの内容紹介
ページを繰る手が止まらない、ブラウン節健在の、華やかなスリラー!
大統領直々の命令で北極まで飛んだレイチェル。その間にも刻一刻と選挙戦の様相は変化し続け……”国家”の名の下に繰り広げられる二重三重の陰謀と駆け引き。そしてレイチェルはついに信じられない事実に直面する!
関連記事
スポンサーサイト



【 2005/05/28/23/39/41 (Sat) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL