FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

Mail From Jackson, Mississippi

ミシシッピ州ジャクソンのご実家に滞在中のジェームス・M・バーダマン先生より、現在のアメリカ南部の状況を伝えるメールをいただいた。

Just a quick note from Jackson, MS, where I am visiting my father. They have been without electricity for 7 days now, and there is a tremendous flow of electricity workers, police, relief aid, and army troops going down Hwy 55 toward Gulfport and New Orleans. More than anything they need cash, so everyone who wants to help can send money to the Red Cross. Hope your friends are okay.

Hastily,
JMV

<義捐金はこちらへ(一例)>
日本赤十字社の情報はこちら
American Red Cross : HOME
ウェブからの寄付はこちら(American Red Cross)


〓〓〓 BOOK

◆図書館貸し出し

『彼方なる歌に耳を澄ませよ』/アリステア・マクラウド (著), 中野 恵津子 (翻訳)
単行本: 343 p ; サイズ(cm): 20
出版社: 新潮社 ; ISBN: 4105900455 ; (2005/02/26)
出版社 / 著者からの内容紹介
なき人々への思いは、今も私たちを突き動かす。18世紀末、スコットランドからカナダ東端の島に、家族と共に渡った男がいた。勇猛果敢で誇り高いハイランダー(スコットランド高地人)の一族の男である。「赤毛のキャラムの子供たち」と呼ばれる彼の子孫は、幾世代を経ようと、流れるその血を忘れない――人が根をもって生きてゆくことの強さ、またそれゆえの哀しみを、大きな時の流れといとしい記憶を交錯させ描いた、感動のサーガ。

『ポーの話』/いしい しんじ (著)
単行本: 435 p ; サイズ(cm): 20
出版社: 新潮社 ; ISBN: 4104363014 ; (2005/05/28)
出版社 / 著者からの内容紹介
無数の橋が架かる泥の川。その流れにのせて運ばれる少年ポーの物語。いしいしんじは、とうとうこんな高みにまで到達してしまった!待望の書下ろし長篇。


●延長

『新訳 アンクル・トムの小屋』/ハリエット・ビーチャー・ストウ (著), 小林 憲二 (翻訳), Harriet Beecher Stowe
単行本: 628 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: 明石書店 ; ISBN: 4750310832 ; (1998/10)
内容(「MARC」データベースより)
これまで不当に低く評価されてきた「アンクル・トムの小屋」。合衆国の過去と現在を正しく知るためにこの作品を読むという意味で、最良の新訳。作品と作者の綿密な解説、黒人文化・社会史年表等資料を付す。

関連記事
スポンサーサイト



【 2005/09/06/05/06/10 (Tue) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL