FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

お財布を落とした件

水曜日に、仕事に出かけようと準備をしていたら、お財布がないことに気づきました。お財布を落としたとか失くしたとかいう話はよく聞きますが、自分では初めての経験だったので、どっと汗が噴き出す感じで、目の前真っ白!みたいな…。

現金はともかく、カードや免許証、保険証などがなくなったらと思ったら、いても立ってもいられません。

その日は町屋にお通夜に行った後、ドラマーのNさん関係のミュージシャン達とお清め(?)をして帰って来たのですが、帰宅前に新宿御苑のまるえいで買い物をしました。落としたとすればそこだよね…と。

ダメもとでまるえいに電話をしたら、どんなお財布かと詳しく聞かれた上で、それならありますと。

ああ、良かった~!というわけですぐに取りに行き、中身を確かめたら、現金もカードも免許証も保険証も全部無事。買い物をしたのが、もう人の少ない夜中だったのが幸いでした。お店の人が見つけておいてくれたのだと思います。

危ないところで命拾いした感じです。ラッキーな状況だったのだと言わざるを得ません。神様は私を見捨ててはいなかったなと…。

そんなわけで、仕事前にアドレナリンがどっと噴出したおかげで、水曜日ははなからすっかり疲れてしまいました。

ともあれ、お財布が戻って来て良かったです。今度からは、カードや身分証明書類は別にしておこうっと。
関連記事
スポンサーサイト



【 2009/12/18/05/30/52 (Fri) 】 moblog | TB(0) | CM(2)
夢さん
せっかくの当たり馬券!
天国から地獄ですね。汗

学生の頃、手帳を落としたことがあり、拾った人がわざわざ電話をくれて、渋谷駅まで届けてくれたことがありました。

おじさんだったんですが、最初は手帳にかこつけて…と疑いましたが、手帳を渡すやいなや名前も言わずに去って行かれるのを見て、疑った自分を恥ずかしく思いましたよ。

世の中にはいい人もちゃんといるんだなぁ…人を疑う前に、まず自分が正しい行いをしていなければいけないなと思いました。

たかが手帳くらいで、わざわざ時間を割いて届けてくれたあのおじさんの善意は、今も忘れません。

他人にはくだらないものでも、その人には大事なものもあるし、人のために力を尽くすことの大切さを教えられた気がします。

ちなみに、当たり馬券はいくらくらいだったんですか?
【 2009/12/18 】 編集
素晴らしい
財布を落とした経験のない人って意外に少ない。
誰しも思い当たる事なんでしょうね。
小生(笑)も4回位はあります。
でも!一度として無くした財布や中身が手元に戻ってきた事はなかった…
本当。
だからそういう物は戻って来ないんだって思う様にしてます。落とした時はいずれも心がさもしい時だったから(落としてからは更にさもしくなったけど…)拾った人もきっとそんな人なだったんだろぅなって。
貴女は多分心が善い状態だから、そんな絶望的状況でもちゃんと戻って来たんでしょうね。
因みに私が最後に財布を落としたのは中山競馬場で…お金はたいして入ってなかったけれど、その何十倍もの当たり馬券が入ってました
まさに絶望的状況でね、中山競馬場のある西船橋から当時住んでいた向島のアパートまで半日かけて歩いて帰りました。もう二十年以上前の話です。
有馬記念の日でしたね。
【 2009/12/18 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL