FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

『何かが道をやってくる』

レイ・ブラッドベリの『何かが道をやってくる』を予定通り読了。実にハロウィーンっぽいと思うものの、これって実は10月24日くらいの話で、ハロウィーンの日まで至っていないのだ。だから、ハロウィーンの話ではないってことである。

それにしても、これを最初に読んだのは、物語の主人公と同じくらいの年齢の時で、非常にわくわくして、何か秘密の世界を知ったような気がしたものだが、今、年を重ねて改めて読むと、感じ方が大きく違うと思った。

すでに、あの少年たちのような感覚にはなれない自分がいる。もう、あの頃は二度と戻ってはこないのだな・・・などと、トルーマン・カポーティ的感傷に浸ってしまうが、事実その通りなのだから仕方がない。

しかし、過去のある一瞬、一瞬は非常に鮮明に記憶しており、その中のひとつに、10月のこの時期の不思議な感覚がある。それがブラッドベリの作品に通じるところがあるから、感じ方は違っても、なぜか懐かしい気がするのだ。

当時、ブラッドベリや江戸川乱歩を夢中で読んでいたが、今読んでみると、結構怖い話ではないか!と思う。子どもって、案外怖い話が好きなのだ。ブラッドベリと乱歩は非常に似ているところがあって、その二つに夢中になっていたというのも、我ながら納得できることではある。

昔は、日本ではハロウィーン・パーティーなんかやってなかったから、「ハロウィーンって一体どんなんだろう?」と、夢見ていたものだけど、今だって、本当の意味を知っている人はどれくらいいるだろうかと思う。

ちなみに、知っている人は当然知っているとは思うが、ハロウィーンとは万聖節前夜のこと。で、万聖節とは「All Saints' Day」で、11月1日、カトリック教会で諸聖人を祝う日(プロテスタントは関係ないのか?)。じゃ、ちょっと前に買ったアン・ライスの 『The Feast of All Saints』 は、万聖節のお祭りの話かしらん?などと。。。

早速、明日11月1日から読みたいとは思ったものの、またまた図書館でたくさん借りているので、これも叶わず。実際には、南北戦争前のルイジアナでの黒人奴隷の話らしいが、中身はどうあれ、読みたいと思った時に読まないと、こんな大部の書はなかなか読めないよと思う。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『何かが道をやってくる』 創元SF文庫/レイ・ブラッドベリ (著), 大久保 康雄
文庫: 350 p ; サイズ(cm): 15
出版社: 東京創元社 ; ISBN: 4488612016 ; (1964/09)

出版社/著者からの内容紹介
ある年の万聖節前夜、ジムとウィルの十三歳の二少年は、一夜のうちに永久に子供ではなくなった。カーニバルの騒音の中で回転木馬の進行につれて、時間は現在から未来へ過去から未来へと変わり、魔女や恐竜の徘徊する悪夢のような世界が展開する。SF界の抒情詩人が世に問う絶妙なリズム。ポオの衣鉢をつぐ一大ファンタジー。
関連記事
スポンサーサイト



【 2005/10/31/19/28/01 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL