FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

<マイロン・ボライター>シリーズ

クリスマスの本(読み物)が、やっと1冊だけ届いた。クリスマス本がなかなか届かないから、ハーラン・コーベンのクソ(失礼!)面白くない、<マイロン・ボライター>シリーズなんかを読んだり、またまたウィスキーのおまけの、どうでもいい日本文学なんかを読んだりしてしまった。

ハーラン・コーベンは、話に乗れば一気に行くのだが、これがまたクソ(失礼!)だらけの小説でうんざり。前にも書いたが、F言葉を何でもかんでもクソ(失礼!)と訳すのはやめてもらいたい。

そういえば昨日読み終えた、リサ・ジュエルの 『姉の歌声を探して』 もクソだらけだった。女性作家が書いたとは思えないような、えげつない表現もたびたび出てきて、それが冒頭からの死臭とからみあって、なんとも言えないおぞましさを感じた。話はいい話なのに、なんでこんなことまで書かなきゃいけないのかな?という感じ。非常に残念。

ハーラン・コーベンは、元FBIでスポーツ・エージェントの<マイロン・ボライター>シリーズが人気があるようなのだが、個人的にはシリーズ外のほうがまだいいかもと思う。ジェットコースター・ノベルで、たしかに一気に読ませる手腕は認めるが、主人公はユーモラスな人物であるという設定にも関わらず、ほとんどのジョークが笑えないというのが気の毒。それが面白いという人もいるだろうけど、私には今いち。こんな余計なことを書いてないで、早く先に進めて欲しいと思いながら読んでいた。

で、前に読んだ 『唇を閉ざせ』 でもそうだったのだが、結末がどうも納得いかない。500ページ以上も書いてきて、最後これですか?って感じ。ユーモアにしても、話の結末にしても、あまり頭のいい作家とは思えない。コーベンを最初に面白いといったアポロ13号も、『唇を閉ざせ』の後、このシリーズを2作読んで、いい加減うんざりしたと言っていた。私は1作でうんざりだな。とにかく汚い言葉が満載で、やはりクソ(失礼!)だらけのジョージ・ソウンダーズも真っ青って感じ。

それに、ハーラン・コーベンの描く主人公には、全然ヒーローがいない。カッコイイ活躍なし。胸のすく展開なし。ミステリの主人公がヒーローばかりとは限らないけど、シリーズものの主人公に魅力がないと、続きを読みたいという気にはならない。でも、あと3冊ある。。。うげ!


〓〓〓 BOOK

◆Amazon

『Room at the Inn: Love Checks Into Two Christmas Novellas』/Kristy Dykes (著), Pamela Griffin (著) ¥537
ペーパーバック: 218 p ; 出版社: Barbour Pub Inc ; ISBN: 1593102550 ; (2004/09/01)
・「Orange Blossom Christmas」/Kristy Dykes
・「Mustangs and Mistletoe」/Pamela Griffin


●DVD
『夜の大捜査線』 ¥2079
《監督》 ノーマン・ジュイソン
《製作》 ウォルター・ミリッシュ
《原作》 ジョン・ポール
《脚本》 スターリング・シリファント
《出演》 ロッド・スタイガー、シドニー・ポワチエ、ウォーレン・オーツ、リー・グラント
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン - ASIN:B000185D9O
Amazon.co.jp
アメリカ南部の田舎町で、町の実業家が殺された。警官は一番列車を待っていた黒人を逮捕する。だがその黒人は、フィラデルフィア警察の優秀な殺人課刑事ティッブスだった。警察署長ギレスピーはやむをえず、経験豊かなティッブスに捜査の協力を依頼する…。


◆読了した本

『沈黙のメッセージ』/ハーラン・コーベン (著), Harlan Coben (原著), 中津 悠 (翻訳)
文庫: 511 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: 早川書房 ; ISBN: 4151709517 ; (1997/05)
内容(「BOOK」データベースより)
スポーツ・エージェントのマイロンは、プロ入りを控えたフットボール選手クリスチャンの契約金の交渉を請け負った。ところが、オーナーはクリスチャンが恋人の失踪に関係があると疑い、契約金の引き下げを要求する。マイロンが調べると、彼女の父親が数日前に殺されたことが判明した。その直後、クリスチャンのもとに当の女性のヌード写真が…ナイーヴでセクシーなヒーロー誕生。アンソニー賞に輝く話題の新シリーズ!アンソニー賞・最優秀ペイパーバック賞受賞。
※画像は原書 『Deal Breaker (Myron Bolitar Mysteries)』/Harlan Coben


●『天頂より少し下って』/川上弘美
(新潮社ハーフブック・ウィスキーのおまけ)
関連記事
スポンサーサイト



【 2004/12/19/19/30/40 (Sun) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL