FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

邪竜カイアン・ブラッドベイン

図書館から、西部劇の主題歌のCDを3枚借りてきた。言うまでもなく、「ローハイド」の歌詞を探すためだ。今度こそは!と思ったのに、またしてもがっくり。

「クリント・イーストウッドの世界」の他の2枚には、そもそも歌詞などついているわけがない。なんとインストゥルメンタルだったのだ。とりあえず、せっかく借りたのだからと2枚とも聞いたら、いい加減うんざりしてしまった。「ローハイド」なんて、おとぼけもいいところ。うんざりを通り越して、腹が立った。

「イーストウッド」のほうは、ちゃんとオリジナルの歌が入っているので、やった!と思ったのだが、歌詞はなし。なんで!?

では、いよいよ奥の手か。図書館にフランキー・レーンのカセットテープという代物があるのだが、今時テープも貸してるのか?と思いながらも、もうこれしかない!と。。。

とにかく、知りたいと思ったら、何が何でも知りたくてたまらなくなってしまったので、手を尽くして探しまくるしかない。たまたま、まゆみさんからメールが来たところだったので、誰か「ローハイド」の歌詞を知っている人はいないか?と聞いてしまった。アメリカ人なら知っているだろうとは、実に安直な考えである。

さて、何かと忙しく、今回も「ドラゴンランス」は一気読みできなかった。これはぜひとも一気読みしたい本なのに。でも、最後の、大緑竜カイアン・ブラッドベインの変身はすごかった!まさか、こいつが!という感じで、あっとびっくり!「どこかにいるはずだ」というところで、気づくべきであった。

この本は、出版されてからまだあまりたっていないから、ネタバレになると悪いので詳しくは書けないが、よく考えてあるなあと思う。これまで「ドラゴンランス」シリーズを20冊(この本も入れて)読んできたが、それぞれに繋がりがあって、あれがこれの伏線だったのか!という部分がたくさんある。今更ながら、すごい本だなあと思う。で、まだまだ続くし。(^^;


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『ドラゴンランス 魂の戦争(第1部)墜ちた太陽の竜(下)』/マーガレット・ワイス (著), トレイシー・ヒックマン (著), Margaret Weis (原著), Tracy Hickman (原著), 安田 均 (翻訳)
単行本: 271 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: アスキー ; ISBN: 4757724675 ; 第1部 巻 (2005/09)
出版社 / 著者からの内容紹介
巨竜ベリルと大緑竜カイアン、ついに来襲! 愛のため我が身をなげうつ人々。魔法が消えた驚くべき理由。謎の暗黒騎士ミーナに対峙した、若きエルフ王の運命は? イギリス・ファンタジーの王様が『指輪物語』『ナルニア国』『ハリー・ポッター』で、オーストラリア・ファンタジーの王様が『デルトラ・クエスト』なら、アメリカン・ファンタジーの王様は、この『ドラゴンランス』世界5千万部シリーズです! 本書はその最終シリーズの第一部完結篇! シリーズ最大の大河ドラマが今ひとつの幕をとじ、新たなる展開を予感させます! ドラゴン、エルフ、騎士、魔法使い、亡霊など多彩な種族や怪物が総登場。葉っぱ一枚ゆるがせにしない、リアルで壮大な"剣と魔法"の世界がここに!!


◆図書館貸し出し(→12/9)

クリント・イーストウッドの世界/映画主題歌
CD (2001/11/21)
ディスク枚数: 1
ワーナーミュージック・ジャパン - ASIN: B00005QYUV
内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)
ジャズをこよなく愛し、音楽にも精通したクリント・イーストウッドの映画音楽集。『ローハイド』『ダーティハリー』『スペース・カウボーイ』などから13曲(うち7曲がイーストウッド作曲)と、後半はイーストウッドのドキュメンタリーのサントラ。盟友レニー・ニーハウスによるもので、往年の名作西部劇のフレーズも出てくる(このドキュメンタリー『アウト・オブ・シャドー』はDVDで発売)。イーストウッド作曲のものはジャズ・フィーリングあふれるピアノ曲で、これがなかなかいい気分にさせてくれる。 (竹之内円) --- 2001年12月号


決定版!西部劇映画音楽/映画主題歌
CD (2001/06/06)
ディスク枚数: 1
キングレコード - ASIN: B00005HYSQ


決定版 映画音楽大全集~西部劇篇/映画音楽
ビクターエンタテインメント - ASIN: B00005N3WC
関連記事
スポンサーサイト



【 2005/11/25/23/35/09 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL