FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

激動の2005年

「激動の2005年」なんてタイトルをつけてしまったけど、大晦日の主婦は、これからのお正月地獄に向けて忙しいので、とても書いている暇がない。何が激動なのか?と思われる方は、今年の日記を参照してください。(^^;

しかしこの忙しい年末に、「BOOK CLUB」のお知らせまでしている。課題の『若草物語』は、クリスマスから始まって、ニューイヤーの風景に続いていく、この時期にちょうどマッチする話。洋書を読むクラブではないので、とりあえず翻訳本の一例を載せたが、私は今回は原書の 『Little Women』 を読む予定。

でも、正直な話、年明けはF・ポール・ウィルスンのホラーを読むのを楽しみにしていたので、『若草物語』にちょうどいいこの時期には、きっと読んでいないと思う。でも、これってたぶんこの時期にしか出せない課題だと思うので、無理して出してしまった。というわけで、読みましょう!なんとかして。

ところで、やっと読み終えた『驚異の百科事典男』。青山先生もお薦めというこの本は、夏ごろから読んでいて、何度も中断し、ようやく、やっとのことで読み終えた。黒原さんの翻訳もとてもいいし、内容も面白かったのだけど、前にも書いたような理由で、ごくごく短い短編集のように、どこででも中断できてしまうのが、なかなか読了できなかった原因。

本当は★5個つけてもいいくらい面白いのだが、百科事典の内容に関係のない、子作りの話がちょっとしつこくて、★1個マイナスって感じ。それが気にならなければ、満点でもいいんだけれど。。。


ああ~、まだ年賀状作ってない!☆ ̄(lll>。☆lll)

年賀状って、絶対に郵便局の陰謀だよ。メールなら無料で挨拶できるのに。普段からメール使ってる人は、もうメールでいいでしょうに、なんでお正月だけはがきを出したがる?携帯のメールなら、「ふくろう便」だって送れるのに・・・(有料だが)。

でも、年賀状用にキティちゃんの切手を大量に購入してしまった。戌年なのに、なぜキティちゃん?て感じだけど、シールになっているので、貼るのに手間が省けるという理由。

ともあれ、

皆様、今年もいろいろお世話になりました。特に今年は、たくさんの善意のご協力を賜り、心より御礼申し上げます。

来年もまた、どうぞよろしくお願いいたします。

schazzie



【BOOK CLUB】 課題本のお知らせ

『若草物語』/L.M. オールコット (著), Louisa M. Alcott (原著), Tasha Tudor (原著), 矢川 澄子 (翻訳), T. チューダー
単行本: 472 p ; サイズ(cm): 17
出版社: 福音館書店 ; ISBN: 4834019888 ; (2004/06)

内容(「MARC」データベースより)
南北戦争時代のアメリカ合衆国。従軍牧師として戦地にある父親不在の家庭を、メグ、ジョー、ベス、エイミーの4姉妹は賢い母親と隣人の善意に助けられながら、失敗をのりこえ、支えていく。米国家庭小説の金字塔。再刊。

※クリスマス~ニューイヤーの風景から始まる物語。
※上の本は一例です。原書でも可。
※以前に読んだという方の感想も歓迎です。お気軽にご参加ください。
※感想はこちら→ http://bany.bz/book/
※【BOOK CLUB】はこちら→ http://www.freepe.com/ii.cgi?bookclub


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『驚異の百科事典男 世界一頭のいい人間になる!』/A・J・ジェイコブズ (著), 黒原 敏行 (翻訳)
文庫: 701 p ; サイズ(cm): 16
出版社: 文藝春秋 ; ISBN: 4167651521 ; (2005/08/03)
内容紹介
日々脳細胞が溶解していく恐怖にうちかつため、百科事典全巻3万3000ページの読破に挑戦した知識おたくの記録。トリビア情報満載。子供の頃は世界一頭がいいと思っていたが、35歳のいま知的レベルは下がる一方。そこで『ブリタニカ百科事典』全巻読破に挑戦。一年かけて3万3000ページを読破しながら、高IQ集団の会員と物知りバトルをし、『ブリタニカ』編集部を訪ね、要らぬ薀蓄を傾けて妻や友人に辟易され、「クイズ・ミリオネア」に挑戦し……。かつて神童だったすべての人に『エスクァイア』編集者の著者が捧げる、トリビア情報満載の抱腹絶倒の読書日記。(HK)
関連記事
スポンサーサイト



【 2005/12/31/00/46/58 (Sat) 】 BOOK CLUB | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL