FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

まさにロマンス小説

ダイアナ・ガバルドンの『Outlander』は、先に進むにつれ、まさにロマンス小説という様相を呈してきた。なるほどねぇ~。(^^;

スコットランドを舞台にしたタイムスリップものだが、売りは「絶対に守る!」というシュワちゃん的なヒーロー像なんだろう。たしかにそういう男性は好きだけど、作者のガバルドンの感覚と、私の感覚は、微妙にずれているんだろうなと思う。理屈抜きに「ステキ!」とは思えないところがある。

それなりに面白くはなってきているのだが、ロマンス小説を読むと必ず感じるこそばゆさみたいなものを、やっぱりこれにも感じている。200年の時を遡って繰り広げられるロマンスとはいえ、男女のロマンスは、いつの時代も同じなんだなと思う。


今日は久々に遊びに出かけた。ネタもなくなって苦しいところだったので、ネタ探しと思ったが、特に面白いこともなく、そろそろ新地開拓かな?と。

途中で思ったが、やっぱり私はチンジャオロースーが好き!<何?
関連記事
スポンサーサイト



【 2006/01/30/23/59/03 (Mon) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL