FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

ニューオーリンズからの電話

ニューオーリンズのまゆみさんから国際電話が入り、何事かと思ったら、まゆみさんの友だちで、ジャミール・シャリフと一緒に演奏もしているミュージシャン2人が、数日後に日本に行き、 COTTON CLUB というところで演奏するので、観光案内などよろしく頼むとの内容だった。

その二人とは、その筋には有名な The DUKES Of Dixieland のメンバーで、下記のメンバー表の太字の人。


ザ・デュークス・オブ・デキシーランド

Luther Kent(vo)/ルーサー・ケント
Ben Smith(vo/tb) /ベン・スミス
Earl Bonie(clarinet) /アール・ボーニー
Mike Fulton(tp)/マイク・フルトン

Scott Obenschain(p)/スコット・オベンシェン
Everett Link(b)/エベレット・リンク
Richard Taylor(ds)/リチャード・テイラー

ジャズのふるさとニューオリンズが、ハリケーン“カトリーナ”の被害にあったことは記憶に新しい。しかし、この街から音楽を奪うことはできない。ザ・ デュークス・オブ・デキシーランドは1949年、ニューオリンズで発足した。最も初期のジャズ・スタイルといわれる“デキシーランド・ジャズ”の魅力を世界に発信しつづける国宝的グループだ。ルイ・アームストロング等、数多くの伝説的ミュージシャンとの共演で培った音作りはハッピーでパワフル。トランペット、トロンボーン、クラリネットが互いに絡み合いながら曲を奏でていくスタイルは多くのバンドに影響を与えた。「聖者の行進」、「世界は日の出を待っている」等の名曲に載せて繰り広げられるハイクラスなショウは、コットン・クラブにマルディ・グラ・カーニバルの風を運んでくれることだろう。音楽ファンにとって特別な街=ニューオリンズへの思いに溢れたスペシャル・ナイトを、ぜひご賞味あれ!

The Dukes of Dixieland・オフィシャルサイト


まゆみさんにはとてもお世話になったし、できる限りのことはしたいと思うが、言葉が激しく心配。観光用の英語は、自分が観光に言った場合しかわからないし、案内するほうは全然ダメだからだ。もちろん、観光用でない英語もダメなんだけど・・・。

引き受けはしたものの、とても、とても、とんでもなく、心配。。。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『Outlander』/Diana Gabaldon (著)
ペーパーバック: 627 p ; 出版社: Delta ; ISBN: 0385319959 ; (1998/09)
内容(「BOOK」データベースより)
第二次大戦終結直後、従軍看護婦だったクレアは夫とともにスコットランドのハイランド地方で休暇を過ごしていた。ある日、地元の人間に教えられてストーン・サークルを訪れた彼女は、突如異様な感覚に襲われ、意識が混濁する。気がつくと、古めかしい衣裳の戦士たちが眼前で戦いを繰り広げていた。逃げかけた彼女を捕らえた男の顔を見ると、夫にうりふたつ。こともあろうに、その男は夫の先祖だった。クレアは18世紀にタイムスリップしていたのだ!世界中で人気沸騰のロマンティック・アドベンチャー巨編、いよいよ開幕。
関連記事
スポンサーサイト



【 2006/02/01/23/35/42 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL