FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

雪の大晦日

本年も「schazzie club」にいらしていただき、ありがとうございました。何かと多忙につき、更新もままならない状態ではありますが、力を尽くしてがんばる所存でおりますので、来年もまた、変わらぬご支援のほど、よろしくお願いいたします。


今日も雪。

昨日は朝まで飲んでいたので、クエン酸を飲んでも二日酔いを避けられなかった。結局夕方まで回復せず。本当はエビのてんぷらを買いに行くつもりだったんだけど、そんなわけで全然ダメだったから、今年の年越そばは、てんぷらなしです。

今日は「超常現象、嵐の大喧嘩バトル」を観なくちゃいけなかったので、ご飯だけは9時までに終わらせて、休む間もなくおせちの用意。テレビが終わってから、ふたたびおせちの用意。昨日飲みすぎているので、普通なら0時になったところで「おめでとう」の乾杯するんだけど、全然飲む気にならず。その後もナンプレとかして無意味に過ごした。

ちなみに、今年読んだ本は、6万5千ページくらい。それでも去年より1万5千ページ近く増えていた。来年はあれこれやることが山積みなので、読書量はずっと少なくなるだろうという見込み。読書量は二の次で、まずはやらなければならないことを、やらなければいけないと思う。


ところで、昨日読了した 『Gregor The Overlander』 は、ゴキブリとクモとコウモリとネズミが出てくる戦慄すべきファンタジーだったのだが(私は足のあるものはだいじょうぶ)、なかなかどうして面白かった。ゴキブリもコウモリも人間がその背中に乗れるほど大きくて、死ぬほどゴキブリが嫌いって人は、本を触るのも嫌かもしれないが。

主人公のグレゴールは、2年7ヶ月前に父親が失踪して以来、母親を助けて、家事や育児を率先してやっている健気な男の子だ。ある日、洗濯室に開いていた穴に、妹のブーツ(2歳)と一緒に転がり落ち・・・。

落ちた先は「Underland」(まんま!もちろん上の世界は「Overland」)で、巨大なゴキブリやコウモリが人間と共存している世界だった。そこで、実はグレゴールの父親もここにいて、生きているらしいことがわかった。

ところが、父親は「Underlander」たちの敵であるネズミの国「Dead Land」に捕らえられているらしいというので、グレゴールを先頭に、「Underlander」たちはネズミ軍と戦うという話。

何と言っても、グレゴールの妹ブーツが、めちゃくちゃかわいい。2歳なのでまだグレゴールと言えず、「Ge-Go」というのがかわいい。周りが暗くなっているときに、ブーツの明るさで救われるのだ。

ブーツが「Go see ma-ma!」などと言うのを読んで、そうか、まだ言葉がちゃんとしゃべれない赤ん坊は、こんな風に言うのか!と、妙に納得した。まだ2歳のくせに、「おむつ取り替えて!」なんて、しっかり主張するところなんかは笑えた。もちろん「diaper」と言えないので、おむつは「diper」になってしまうのだが。

再び父親とめぐり合ったグレゴールとブーツは、無事に家に帰るので、めでたし、めでたしなのだが、「Underland」の王が、「See you soon!」と言うのが気になる。と思ったら、すでに続きが出ていた。今度もまだネズミの邪悪な王と戦うらしい。余談だが、グレゴールはしっかりしているのに、父親が情けない感じなのが、ちょっと不満だった。
関連記事
スポンサーサイト



【 2004/12/31/23/49/05 (Fri) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL