FC2ブログ

日刊知的ぐうたら生活

schazzie clubのホームページを移転しました⇒http://schazzie.wix.com/index
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

遊星からの物体X

とても爽やかな日だというのに、テレビで「遊星からの物体X」をやっていたので、家にこもって観てしまった。これ結構好きなので。「エイリアン」的怖さがたまらないんだけど、個人的には「エイリアン」より怖いと思っている。気持ち悪いし。(^^;

というわけで、とても良いお天気の日にこんな映画を見ているなんて、正気の沙汰じゃないなという感じに襲われ、夕方からちょっと出かける。やはり日が暮れないと出かける気にならない、根っからのドラキュラ。

上野広小路ボブがどん底をやめて、ミッキーさんのM's企画に移り、HAVANAの上のNashという店に出るようになったので、まずはそこに挨拶。そこがクーラーが効いておらず、あまりに暑いので、ビール1杯飲むのもしんどい感じだったから、その後どん底へ。

どん底も最近面白くないのだが、テツに頼んでピットインの人にドラムを紹介してもらえるように手配したり、なにかと用事があるので仕方がない。仕方がないと言いながら、結局最後までいてしまった。


〓〓〓 BOOK

◆読了した本

『秘めやかな約束』/ローリ・フォスター (著), Lori Foster (原著), 石原 未奈子 (翻訳)
文庫: 373 p ; サイズ(cm): 15 x 11
出版社: ソニーマガジンズ ; ISBN: 4789722457 ; (2004/04)
出版社/著者からの内容紹介
25歳のうぶな女性グレイスは、自分の雇い主である老婦人のハンサムな孫ノアに3年前からひそかに思いを寄せていた。ノアはもうじき、彼にふさわしい美女と結婚することになっていた。ところが、ある日、意外なことが起きた。突然、ノアが婚約を一方的に破棄したのだ。周囲から激しく非難される彼をグレイスはただひとり懸命にかばう。が、グレイスの思いを知ったノアが彼女に提案したのは、とても危険で官能的な契約だった……。アメリカの人気作家が描くあまりにも熱く甘いロマンスの世界。
関連記事
スポンサーサイト



【 2006/05/31/23/32/12 (Wed) 】 読書と日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL